カメラ整合性モニタリングについて - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

Security Center のカメラ整合性モニタリングは、あらゆる形態のカメラの不正解錠 (カメラの移動、カメラの視野妨害、カメラフォーカスの変更など) を検出するソフトウェアです。このソフトウェアは、セキュリティチームに状況を改善するように警告するイベントを生成します。

KiwiVision™ Camera Integrity Monitor モジュールを有効にすると、定期的な検証によってカメラの正常動作と有効性を確保し、カメラが不正操作されたときにオペレーターに通知することができます。これは、数百~数千台のカメラを含み、各カメラの画像や視界を手動で確認するのが現実的に不可能な大規模システムで、特に便利です。

Camera Integrity Monitor ロール

Camera Integrity Monitor ロールは、カメラから一定の間隔で動画画像をサンプリングし、カメラが不正操作された可能性を示す異常な変動を検出し、カメラの不正操作イベントを生成します。
このロールは、次のような数種類の機能障害を検出します。
  • カメラ視界の (部分的または完全な) 妨害
  • 不鮮明な画像 (カメラフォーカスの変更やレンズの汚れによるもの)
  • カメラ位置の突然の変化 (環境的または人為的な原因によるもの)

Camera Integrity Monitor ロールは、ワークロードを複数のサーバーに分散できます。 これを、1 つのサーバーだけが常にロールの負荷全体に対応するフェールオーバーと混同しないでください。割り当てられたサーバーの 1 つに障害が発生した場合は、残りのサーバーにワークロードが再分配されます。

この機能の使用方法

オペレーターは、Security Desk の [モニタリング] タスクを使用してカメラの不正操作イベントをモニターできます。

イベントに対するアクションを作成して、カメラの不正操作イベントが発生したときに、アラームをトリガーしたり、メンテナンスチームにメールやメッセージを送信したりすることもできます。

ヒント: 一定のスケジュールに従って物理的なメンテナンスを行う大規模なシステムでは、整合性モニタリング対象カメラに関するメンテナンスレポートと、メンテナンスチームに送信するレポートメールの生成を自動化できます。その後、カメラ・イベント・レポートをスケジュールに従ってメンテナンスチームにメールで送信するためのスケジュール済みのタスクを作成します。