I/O ゾーンの作成 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

1 つの Synergis™ ユニット上の入力が他の Synergis™ ユニット上の出力リレーをトリガーするようにするには (それらの一部または全部が Access Manager に接続されていない場合でも)、Security Center で I/O ゾーンを作成する必要があります。

始める前に

次の操作を実行します。

このタスクについて

I/O ゾーンにより、複数の Synergis™ ユニット (1 つはマスターユニットとして指定される) での I/O リンクの動作をプログラムできます。すべてのユニットを同じ Access Manager によって管理する必要があります。マスターユニットがオンラインである間は、Security Desk から I/O ゾーンを監視および監視解除できます。

手順

  1. [エリアビュー] タスクを開きます。
  2. [エンティティの追加] () > [ゾーン] をクリックします。
  3. ゾーンの作成ウィザードで、ゾーンの名前と説明を入力します。
  4. [ロケーション] でこのゾーンが一部となるエリアを選択し、[次へ] をクリックします。
  5. [ゾーン情報] ページで、[I/O ゾーン] をクリックします。
  6. ダイアログボックスから、ピアの間でマスターユニットの役割を演じる Synergis™ ユニットを選択し、[OK] をクリックします。
    マスターユニットは、I/O リンクを行うユニットとして選択した Synergis™ ユニットです。選択が完了すると、I/O ゾーンが作成された後では変更できません。
  7. [作成] > [閉じる] をクリックします。

次のタスク

I/O ゾーンを構成します。