保護されたエリアでの監視プレゼンスの施行 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

エリアで監督者先入ルールを施行することで、監督者が現れるまで保護されたエリアのロックを維持できます。

始める前に

監督者先入ルールを施行する保護されたエリアを作成および構成します。

このタスクについて

監督者先入ルールは、1 つの Synergis™ ユニットによって制御されるエリアでのみ機能します。HID ユニットはこの機能をサポートしていません。

手順

  1. Config Tool ホームページから、[エリアビュー] タスクを開きます。
  2. 保護されたエリアを選択し、[詳細] タブをクリックします。
  3. [監督者先入ルール] セクションで、次の操作を実行します。
    • 監督者がいない場合にドアロック解除スケジュールを無視するには、[ドアロック解除スケジュールで施行する] オプションを [オン] に設定します。
    • 監督者がいない場合にアクセスルールを無視するには、[アクセスルールで施行する] オプションを [オン] に設定し、監督者先入ルールが適用されるタイミングを指定するスケジュールを選択します。
  4. [オンサイト時間オフセット] をクリックし、監督者先入ルールの制限をクリアするために監督者が現れる必要がある時間について、より多くの自由を付与します。
    時間オフセットがゼロに設定される場合、監督者はアクセススケジュールの開始前に現れることができません。そうでないと、到着は無視されることになります。
  5. [監督者] リストの下で、[アイテムの追加] () をクリックし、エリアの監督者として指定するカード所有者グループおよびカード所有者を選択します。

    最低 1 人は監督者を構成する必要があります。監督者先入ルール制限を満たすためにエリアに存在する必要がある監督者は 1 人だけです。

  6. (オプション) [除外リスト] の下で、[アイテムの追加] () をクリックし、監督者先入ルールが適用されないカード所有者グループおよびカード所有者を選択します。

    アクセスルールだけに基づいて、それらのカード所有者にアクセスが付与されます。エリアへのアクセスを付与するのに監督者が存在する必要はありません。

  7. [適用] をクリックします。