Media Gateway 接続の制限 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

構成ファイル (gconfig) を生成することにより、Media Gateway ロールが受け入れるライブおよび再生の同時接続数を制限できます。

このタスクについて

  • Media Gateway ロールをホストしているマシンに gconfig ファイルを保存する場合、構成はすべてのエージェントマシンに転送されます。特定のエージェントマシンで一意の構成が必要な場合、変更された gconfig ファイルをエージェントマシンに保存できます。
  • RTSP とウェブインターフェイスの両方の接続が接続の合計数に含まれます。

手順

  1. 次の mediagateway.gconfig ファイルを作成します。n1 は Media Gateway ロールが受け入れるライブ接続の最大同時数で、n2 は再生接続の最大同時数です。
    <?xml version="1.0" encoding="utf-8"?>
    <configuration>
      <MediaGateway MaximumLiveSessionCount="n1" MaximumPlaybackSessionCount="n2"></MediaGateway>
    </configuration>
    注:
    • デフォルト値は 0 で、無制限の接続数を許容します。
    • 負の値はあらゆる接続を阻止します。
  2. mediagateway.gconfig ファイルを Security Center インストールフォルダーに保存します。
    64 ビットマシンの場合、デフォルトの場所は C:\Program Files (x86)\Genetec Security Center 5.8\ConfigurationFiles です。
    注:
    • Media Gateway ロールをホストしているマシンにファイルを保存すると、そのマシンとすべてのエージェントマシンが構成されます。
    • ファイルをエージェントマシンに保存すると、そのマシンのみが構成されます。
  3. ロールを再起動します。
    注:
    • Media Gateway ロールをホストしているマシンに gconfig ファイルを保存した場合、ロールを再起動します。
    • エージェントマシンに gconfig ファイルを保存した場合、マシンを再起動します。