ウェアラブルカメラの構成 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

Security Center を使用してウェアラブルカメラ (BWC) または同期フォルダーから Security Center アーカイブに証拠をアップロードするには、Wearable Camera Manager ロールを構成する必要があります。

始める前に

  • 有効な ウェアラブルカメラ (BWC) ライセンス (部品番号: GSC-Om-X-1BWC) があることを確認します。
  • Genetec Clearance™ User GuideGenetec Clearance™ Uploader に習熟します。
  • Genetec Clearance™ Uploader のインストールの「Genetec Clearance™ Uploader のインストール」を参照してください。

このタスクについて

  • ウェアラブルカメラを使用している場合、冗長アーカイブまたはフェールオーバーはサポートされません。
  • Security Center でサポートされているウェアラブルカメラのリストについては、サポート対象デバイスリストを参照してください。
  • .json 構成ファイルは、ロールを問い合わせる場所および通信を保護する場所を Genetec Clearance™ Uploader に対して定義するために使用されます。

手順

  1. Wearable Camera Manager ロールを作成します。
    1. システムタスクから、[ロール] > [エンティティの追加] > [Wearable Camera Manager] をクリックします。
    2. (オプション) [具体的な情報] セクションで、[カスタム設定] をクリックし、保持期間を選択して、[次へ] をクリックします。

      保持期間の選択を自動にすることで、指定期間後に古い動画が確実に削除されます。
      重要: インポートされるファイルが現在の保持期間よりも古いことは許可されません。
    3. [基本情報] セクションで、エンティティ名を入力し、[次へ] をクリックします。
    4. [作成概要] セクションで、[作成] をクリックします。
  2. カメラステーションを構成します。
    1. [ハードウェア] タブの [カメラステーション] セクションで、[] をクリックします。
    2. ステーション名を入力し、[適用] をクリックします。

    3. [カメラステーション] セクションで、[ファイルの場所へ移動] をクリックし、.json ファイルをカメラステーションまたは Genetec Clearance™ Uploader によってアクセス可能な場所へコピーまたは転送します。

      注: この例では Genetec Clearance™ Uploader を使用しています。
    4. (オプション) 不要になったカメラステーションを削除します。[カメラステーション] を選択し、[] をクリックします。
  3. (オプション) カメラまたはユーザーを追加します。
  4. Genetec Clearance™ Uploader を構成します。
    1. Genetec Clearance™ Uploader (アカウント・セットアップ・ウィザード) から、カメラステーション .json 構成ファイルに移動および選択し、必要なステップを完了します。
      重要: 転送が正常終了した後で、元の構成ファイルがそのダウンロードまたはコピーの場所から削除されていることを確認します。たとえば、C:\Users\username\AppData\Local\Temp\Genetec などです。
    2. Wearable Camera Manager ロールを使用してウェアラブル PointBlank カメラを使用するには、通常 C:\Program Files (x86)\Genetec\Genetec Clearance Uploader\Service にある pointblank-autofac.json ファイルの中で PIN を更新する必要があります。Genetec Clearance™ Uploader サービスを再起動する必要があります。
      注: すべてのカメラは同じ PIN を持つ必要があります。
  5. (オプション) 同期フォルダーを定義します。
    1. フォルダー内のファイルを自動的に Security Center にアップロードする場合は、Genetec Clearance™ Uploader の [設定] セクションから、[同期フォルダー] を [オン] に設定します。
      重要: [同期フォルダー] 設定の変更には Genetec Clearance™ Uploader サービスの再起動が必要です。サービスが再起動された後で、定義した [同期フォルダー] は自動的に作成されます。

次のタスク

ウェアラブルカメラのドッキングまたは接続や、証拠ファイルの同期フォルダーへのドラッグが可能になります。
  • カメラが Genetec Clearance™ Uploader に接続されるか、または同期フォルダーが新しいファイルを含むと、アップロードが開始します。証拠は自動的にアップロードされるので、これ以上の操作は不要です。詳細については、を参照してください。
  • アップロードが完了した後で、[アーカイブ] タスク内のアーカイブレポートを使用することにより、アップロードされた証拠を Security Desk で検索および表示できます。
    注: アップロードする証拠ファイルのサイズと数によっては、動画が Security Desk アーカイブにすぐに表示されない場合があります。