ライセンスファイルを使用して Security Center ライセンスを再有効化する - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

Config Tool ワークステーションがインターネットにアクセスしていない間に Directory サーバーのリストに変更を加えた場合、その変更を適用するには、Security Center ライセンスを再有効化する必要があります。それには、別のワークステーションを使用して GTAP からライセンスファイルをダウンロードし、変更を適用するワークステーションを使用して、そのライセンスファイルを適用します。

このタスクについて

重要: Server Admin を使用できるのは、単一サーバーのライセンスを有効化する場合のみです。複数の Directory サーバーを構成している場合、Config Tool で検証キーの生成とライセンスキーの適用の両方を行う必要があります。Config Tool からライセンスを更新するには、すべての Directory サーバーが稼働中でなければなりません。

手順

  1. Config Tool ホームページから、[システム] タスクを開き、[ロール] ビューをクリックします。
  2. [Directory Manager] () ロールを選択し、[Directory サーバー] タブをクリックします。
  3. [すべてのサーバーのライセンスを変更] をクリックします。
    [ライセンス管理] ダイアログボックスが開きます。

  4. [ライセンス管理] ダイアログボックスで [ファイルに保存] をクリックし、複合検証キーをファイルに保存します。
    検証キーは、サーバーを一意に識別する、Security Center によって生成される一連の数字 (16 進テキスト形式) です。検証キーは Security Center ソフトウェアのロックを解除するライセンスキーの生成に使用されます。生成されるライセンスキーは、検証キーで識別されているサーバーにのみ適用できます。
    validation.vk という名前のテキストファイルはデフォルトの Downloads フォルダーに保存されます。このファイルは必ず、インターネットアクセスのある別のコンピューターからアクセスできる場所 (USB キーも可) にコピーしてください。
  5. インターネットにアクセスできるコンピューターに移動します。
  6. インターネットアクセスのある別のコンピューターから、https://gtap.genetec.com のアドレスで Genetec™ Technical Assistance Portal (GTAP) を開きます。
  7. [ログイン] ページで、次のいずれかの操作を実行します。
    • Security Center ライセンス情報ドキュメントに指定されているシステム ID とパスワードを入力し、[ログイン] をクリックします。
    • GTAP ユーザーアカウント (電子メール アドレス) とパスワードを入力し、[ログイン] をクリックします。
  8. GTAP で、[新しいシステムのアクティブ化] をクリックし、[システム ID] ドロップダウンリストからシステムを選択し、[送信] をクリックします。
    [システム情報] ページが開きます。

  9. [ライセンス情報] セクションにスクロールダウンし、[ライセンスのアクティブ化] をクリックします。
  10. 表示されるダイアログボックスで、検証キー (.vk ファイル) を参照し、[送信] をクリックします。
    [ライセンスのアクティブ化が成功] というメッセージが表示されます。
  11. [ライセンスをダウンロードする] をクリックし、ライセンスキーをファイルに保存します。
    デフォルトの名前はシステム ID の後に _Directory_License.lic が続きます。
  12. Config Tool ワークステーションに戻ります。
  13. [ユーザー管理] ダイアログボックスで、[手動アクティベーション] をクリックします。
  14. [手動アクティベーション] ダイアログボックスで、ライセンス・キー・ファイルを参照し、[開く] をクリックします。
  15. [アクティブ化] をクリックします。