マップ上に表示するデフォルトの情報の構成 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

マップ上に表示するデフォルトの情報を設定できます。この情報は誰かがマップを開くと常に表示されます。

このタスクについて

Security Desk ユーザーは、デフォルトで表示されるレイヤーにかかわらず、マップ上に表示するレイヤー (マップオブジェクト) を常に設定できます。

手順

  1. [Map designer] メニューで、[マップ] > [レイヤー] をクリックします。
    マップで使用可能なすべてのレイヤーを表示するダイアログボックスが開きます。
  2. デフォルトで表示するレイヤーを選択します。
    Security Center エンティティ (カメラ、ドアなど)、KML オブジェクト、ESRI オブジェクト、カスタムオブジェクト、LPR ヒットおよび読み取り結果など、マップ上のあらゆるタイプのマップオブジェクトについて、表示するか非表示にするかを選択できます。
  3. 現在のマップ上にマップオブジェクトを持つレイヤーのみを表示するには、[空白レイヤーを隠す] オプションを選択します。
  4. レイヤーを並べ替えるには、レイヤーを選択し、上 () および下 () 矢印を使用します。
  5. [Map designer] ツールバーで、[保存] () をクリックします。