許可 - [プロパティ] タブ - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

このセクションでは、[LPR] タスクで使用できる、許可の [プロパティ] タブの設定について説明します。

[プロパティ] タブでは、ソースになる許可データファイルの解析を構成できます。
パス
許可データ (ナンバープレート番号やその他の関連する車両情報) を格納する、許可ソース・テキスト・ファイルのパス。ソース・テキスト・ファイルは LPR Manager コンピューターのローカルドライブ (C ドライブなど) に配置することも、LPR Manager コンピューターからアクセス可能なネットワークドライブに配置することできます。
区切り文字を使用
許可リストファイル内に長さの異なる複数のフィールドが含まれていることを Security Center に通知し、ファイル内の各フィールドを区切るために使用する文字を指定します。デフォルトでは、[区切り文字を使用] は [オン] に設定され、区切り文字としてセミコロン (;) が指定されています。許可リストファイル内に一定の長さのフィールドだけが含まれる場合は、[区切り文字を使用] を [オフ] に設定します。
エディターで表示
ユーザーがホットリスト/許可エディタータスクを使用してホットリストや許可リストを編集できるようにします。
属性
Security Center に対し、ソース・テキスト・ファイル内のフィールド (属性) の名前と順序を指示します。