Archiver イベントの調査 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

Archiver イベントレポートを使用して、アーカイブロール (Archiver および Auxiliary Archiver) に関するイベントを検索できます。

このタスクについて

Archiver を選択し、時間範囲を 1 週間に設定して、レポートに重大なイベントがないことを確認することで、Archiver のステータスを確認できます。ディスクロードしきい値を超過しました または ドライブに書き込めません などの重要なイベントを検索し、そうしたイベントの発生時期を確認することにより、Archiver のトラブルシューティングを行うこともできます。

手順

  1. ホームぺージから、[Archiver イベント] タスクを開きます。
  2. レポートのクエリフィルターを設定します。次の中から 1 つ以上のフィルターを選択します。
    Archiver
    調査するアーカイブロール (Archiver または Auxiliary Archiver) を選択します。
    イベントタイムスタンプ
    クエリ対象とする期間を定義します。特定の期間または全体的な時間単位 (前の週、前の月など) を指定できます。
    イベント
    調査するイベントを選択します。選択可能なイベントタイプは、使用しているタスクによって異なります。
    カスタムフィールド
    エンティティに事前定義されたカスタムフィールドを基準に検索を絞り込みます。このフィルターが表示されるのは、エンティティにカスタムフィールドが定義されていて、定義済みのカスタムフィールドが作成時または最終構成時に可視に設定された場合のみです。
  3. [レポートを生成] をクリックします。
    レポートパネルに Archiver イベントが一覧表示されます。