サーバー - [プロパティ] タブ - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

サーバーの [プロパティ] タブでは、Server Admin で当該サーバーに対して構成済みのネットワーク設定を確認できます。

注: Config Tool では、すべてのネットワーク設定は読み取り専用です。これらの設定の構成は Server Admin で行う必要があります。ただし、後方互換性モードで実行されているサーバー (5.2 以前のバージョン) については、ネットワーク設定の構成は Config Tool で行います。
パブリックアドレス
このサーバーのパブリックアドレス。この設定が表示されるのは、Server Admin でパブリックアドレスが構成されている場合のみです。
ポート
Genetec™ Server サービスが、パブリックアドレス上の他の Security Center サーバーから受信するコマンドをリッスンするポートです。
プロキシ
このサーバーが、ファイアウォールで保護されているプライベートネットワークのプロキシとして構成されている場合、このスイッチはオンにされています。
プライベートアドレス
Security Center サーバー間の通信に使用されるプライベート IP アドレスのリスト。このリストには、Server Admin で有効にされているプライベートアドレスのみが示されます。
ポート
Genetec™ Server サービスが、プライベートアドレス上の他の Security Center サーバーから受信するコマンドをリッスンするポートです。
重要: 後方互換性モードで実行されているサーバー (5.2 以前のバージョン) の場合、プライベート・アドレス・リストの先頭のアドレスが、そのサーバーが属するネットワークエンティティの IPv4 プロパティ ([ネットワークビュー] タスクで設定) と一致していなければなりません。

セキュア通信
このセクションを使用して、サーバーが他の Security Center サーバーとの通信に現在使用している ID 証明書 を確認します。
発行先
現在の証明書の対象。ソフトウェアのインストール時に作成された 自己署名証明書 が、GenetecServer-{MachineName} の形式で表示されます。
発行元
証明書発行元の 認証局 (CA)名称。自己署名証明書の場合、発行元と発行先は同じです。
有効期間
現在の証明書が有効な期間

詳細を確認するには、[表示] をクリックしてダイアログボックスを開きます。