Security Center のライセンスオプション - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

このセクションでは、Security Center のすべてのライセンスオプションの意味を説明します。

Security Center のライセンスオプション

Security Center には次の一般的なライセンスオプションがあります。
エンティティ管理
Security Center の資産管理機能を RF Code プラグインと組み合わせて使用し、Security Desk で追跡して報告できる資産を定義できます。
自動メール通知
メール通知に対応するメールサーバーを設定できます。次のメール通知機能も使用できます。
  • Watchdog からのメール通知の受信
  • [電子メールを送信] アクションと [レポートを電子メールで送信] アクションの使用
グラフ
ビジュアルレポートを生成できます。
ダッシュボード
カスタムダッシュボードを操作できます。
侵入検出
Security Center の侵入検出機能を使用できます。具体的には、Config Tool で Intrusion Manager ロールや侵入検出ユニットを追加したり、Security Desk で侵入アラームを受信したりできます。
マクロ
システムでマクロを作成できます。
メディア SDK
メディア SDK ロールを作成できます。
Active Directory の数
システムと同期できる Active Directory ドメインの最大数
追加 Directory サーバーの数
メインサーバーの他に、高可用性システムを設定するために使用できる Directory サーバーの最大数
ADFS 統合数
システム上で許可される Active Directory Federation Services (ADFS) 接続の最大数
レジ数
外部 POS システムからインポートできるレジの最大数
カスタムフィールド数
定義できるカスタムフィールドの最大数
フェデレーションシステム数
使用できるフェデレーションシステムの最大数。この数には、Omnicast™ 4.x システムと Security Center システムの両方が計上されます。
入力ポイント数
ドアエレベーターゾーンに構成可能な入力の最大数。HID V200 や Mercury MR16IN などの専用 I/O サブパネルにある入力のみが計上されます。コントローラーボードにある統合された入力は計上されません。
侵入検出ユニット数
システムでサポートされる侵入パネルの最大数。
出力リレー数
ドアエレベーターゾーンに構成可能な出力の最大数。HID V300 や Mercury MR16OUT などの専用 I/O サブパネルにある出力のみが計上されます。コントローラーボードにある統合された出力は計上されません。
Security Desk 接続数
システム上で許可される Security Desk 同時接続の最大数
プラグイン SDK
プラグインロールを作成できます。
リモート Security Desk
ローカル Security Desk 上の [リモート] タスクを使用して、他の Security Desk ワークステーションやモニターをリモートからモニタリングして制御できます。
脅威レベル
Config Tool で脅威レベルを作成できるだけでなく、Security Desk で脅威レベルを設定できます。
ウェブ SDK
Web-based SDK ロールを作成できます。

Synergis™ のライセンスオプション

Synergis™ のアクセス・コントロール・オプションは次のとおりです。
アンチパスバック
アンチパスバック制限を適用したエリアを構成できます。
バッジテンプレート
システムでバッジテンプレートを定義できます。
カード要求
ユーザーがシステム上の他のユーザーにカード認証情報の印刷を依頼できます。また、Config Tool で要求の理由を作成することもできます。
インポートツール
フラットファイルからカード所有者と認証情報をインポートできます。
Access Manager 数
システム上で作成できる Access Manager ロールの最大数
カード所有者と訪問者の数
システム上で許容できるカード所有者と訪問者の最大数。Active Directory からインポートされたものも計上されます。
Global Cardholder Synchronizer 数
共有ゲスト 上で実行されて、共有ホスト に同時に接続できる Global Cardholder Synchronizer ロールの最大数このライセンスオプションは、同時接続数を制限するために共有ホストが使用します。
リーダー数
システム上でドア およびエレベーター に構成可能なリーダー の最大数。
人数カウント
Security Desk で [人数カウント] タスクを使用できます。
スマート・カード・エンコーディング
スマートカードをエンコードできます。
USB 登録リーダー
システム上の USB リーダーを検出して使用できます。
訪問者
Security Desk で [訪問者管理] タスクを使用できます。

Omnicast™ のライセンスオプション

Omnicast™ には次の一般的なライセンスオプションがあります。
Archiver 暗号化
動画ストリームを暗号化できます。
音声
システムで音声ストリームを送信し、システム上のすべての音声機能を使用できます。
カメラブロック
システムの他のユーザーに対して動画をブロックできます。
エッジレコーディング
エッジ・レコーディング・ユニットから Archiver へのデータ転送機能が有効になります。
フォレンジック検索
Security Desk で [フォレンジック検索] タスクが有効になります。
ハードウェアアクセラレーション
動画のデコードにハードウェアアクセラレーション機能を使用できます。
Auxiliary Archiver 数
システム上で許容される Auxiliary Archiver ロールの数
カメラおよびアナログモニターの数
システム上で許容されるカメラアナログモニターの最大数。システムでローカルに管理されるカメラとアナログモニターと、リモートシステムから統合されたカメラとアナログモニターの両方が計上されます。また、カメラの数とアナログモニターの数は累積されます。たとえば、5 台のカメラと 5 台のアナログモニターを同時に使用している場合、ライセンスでは 10 個のエンティティとして計上されます。
CCTV キーボード数
システム上で許容される CCTV キーボードの数
DVR 入力数
システム上で許容される DVR (デジタル動画レコーダー) からの動画入力数
整合性モニタリング対象カメラの数
不正解錠をモニタリングできるカメラ (ネイティブカメラとフェデレーションカメラの両方) の最大数
Media Gateway RTSP ストリームの数
Media Gateway ロールから同時に要求可能な動画ストリームの最大数。
OVReady カメラ数
システム上で許容される OVReady カメラ (動画分析 機能を備えたカメラ) の最大数
パノラマカメラ数
システム上で許容されるパノラマカメラの数
プライバシー保護されたストリームの数
システム上で許容される、プライバシー保護された動画ストリームの数
プロモーションカメラ数
システム上で許容される、営利目的のプロモーションに基づいて購入時に利用可能になっている動画チャネルの数。このようなプロモーション対象の動画ユニットでは、これらのプロモーションライセンスが最初に使用されます。たとえば、プロモーション適用時にカメラの接続を購入した場合、システムに次に追加する対象となるカメラには、プロモーションカメラ数の制限に達するまでプロモーション・カメラ・ライセンスが適用されます。この制限に達した後は、追加するカメラに通常のカメラ接続が使用されます。この制限は、現在のアナログ・カメラ・プロモーションに適用されます。
制限対象カメラ数
システム上で許容される制限対象カメラの数。制限対象カメラにも通常のカメラライセンスが必要です。 制限対象のライセンスを要件としているメーカーのリストを表示するには、[サポートされるデバイスのリスト] で [制限対象] ライセンス・タイプ・フィルターを使用します。
待機状態の Archiver サーバー数
システムで Archiver ロールに割り当てられる待機状態のサーバーの合計数。

Genetec Mission Control™ のライセンスオプション

Genetec Mission Control™ のライセンスオプションについては、『Genetec Mission Control™ ユーザーガイド』を参照してください。

AutoVu™ のライセンスオプション

AutoVu™ には次の LPR ライセンスオプションがあります。
ジオコーダー
LPR Manager がジオコーディングに使用するマップエンジンのタイプ (Bing または BeNomad)
固定 Sharp 分析ストリームの数
システム上で許可される固定 Sharp ユニットの最大数
LPR Manager 数
システム上で許可される LPRManager ロールの最大数
駐車ゾーンの数
Security CenterAutoVu™ Free-Flow を使用して管理できる、物理的な駐車場の最大数
Patroller 数 - 都市駐車場管理
システム上で都市駐車場管理に構成できる Patroller の最大数
Patroller 数 - 法執行支援
システム上で法執行支援に構成できる Patroller の最大数
Patroller 数 - MLPI
システム上でモバイル・ナンバープレート・インベントリに構成できる Patroller の最大数
Patroller 数 - 大学駐車場管理
システム上で大学駐車場管理 に構成できる Patroller の最大数
マップ搭載 Patroller の数
システム上で許容されるマップ搭載 Patroller の最大数
Security Desk マップ
Security Desk でサポートされるマップエンジンのタイプ (Bing または BeNomad)
XML インポート
サードパティ製アプリケーションからデータをインポートできます。
Microsoft Bing ライセンスの有効期限
Bing ライセンスの有効期限

Plan Manager オプション

Plan Manager には次の一般的なライセンスオプションがあります。
Plan Manager Advanced
拡張モードの Plan Manager を使用できます。
Plan Manager ArcGIS
ArcGIS マップを使用できます。
Plan Manager Basic
ベーシックモードの Plan Manager を使用できます。
Plan Manager Standard
標準モードの Plan Manager を使用できます。

モバイル・ラインセンス・オプション

Security Center Mobile には次の一般的なライセンスオプションがあります。
モバイル・デバイス・サーバーの数
システム上で許容される Mobile Server の最大数
モバイルデバイスの数
システム上で許容されるモバイルアプリ の最大同時接続数
Web Client 数
システム上で許容される Web Client の最大接続数

証明書ライセンスオプション

証明書ライセンスオプション。各証明書はアプリケーション/プラグイン名とパブリッシャー名で識別されます。このオプションは、システム上で許容される、アプリケーションタイプ別の最大同時接続数を指定します。