LPR マッチャーの設定を構成する際のベストプラクティス - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

LPR マッチャーを構成する方法は、施行シナリオによって左右されます。一部の AutoVu™ システムでは、完全一致のみが必要です。他のシステムでは、潜在的な一致での誤検出を許容することで、対象の車両を見逃す可能性を低減できます。

LPR マッチャーの設定を構成する際は、次のベストプラクティスに従ってください。
完全一致
LPR マッチャーは常に可能な限り完全一致を見つけようとしますが、完全一致のみを許容するように構成することもできます。一般に、非常に大きい (数百万件のエントリが含まれる) ホットリストがある場合はこのように構成します。潜在的な一致の数を制限することで、Genetec Patroller™ コンピューターでの処理の負荷を軽減できると同時に、これだけのサイズのホットリストを使用すると通常発生するような誤検出の数を減らすこともできます。
完全一致のみを許容するには、Genetec Patroller™ Config ToolSimplematcher 機能を有効にして、OCR 近似文字処理を無効にします。
OCR 近似文字処理
デフォルトでは、LPR マッチャーが許容する OCR 近似文字は 1 文字です。必要な数だけ増やすこともできますが、文字数を増やすと過剰な数の誤検出が発生することになるため、通常は 2 文字以下に抑えるようにしてください。
許容される違いの数
デフォルトでは、LPR マッチャーは違いを一切許容しません。許容する違いの数は、該当する地域で使用されているプレートに依存します。プレート上の文字数が多ければ多いほど、許容する違いの数を増やすことができます。ただし、許容する違いの数を増やすと過剰な数の誤検出が発生することになるため、通常は 2 つ以下に抑えるようにしてください。
共通連続文字
(超過時間ルールを施行する場合にのみ使用) デフォルトでは、LPR マッチャーは超過時間ルールのヒットを生成するために、5 文字または 4 文字の連続する文字を見つけようとします。文字の数は、該当する地域で使用されているプレートに依存します。プレート上の文字数が多ければ多いほど、共通連続文字の文字数を増やすことができます。