保護されたエリアの構成 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

アクセスルールとアクセスコントロール動作を使用してアクセス・コントロール・システムをセットアップするには、エリアを保護されたエリアとして構成する必要があります。

始める前に

保護されたエリアを表すエリアを作成します。

手順

  1. Config Tool ホームページから、[エリアビュー] タスクを開きます。
  2. 構成するエリアエンティティ () を選択し、[ID] タブをクリックします。
  3. [アクセスコントロール] をクリックしてオプションを [オン] にし、[適用] をクリックします。

    2 つの新しいタブ、[プロパティ] と [詳細] が表示され、関連するアイコンが更新されて、これが保護されたエリア () になったことを示します。

  4. [プロパティ] タブをクリックし、次の項目を設定します。
    アクセスルール
    アクセスルールをエリアに割り当てることにより、どのカード所有者がいつエリアにアクセス (入場または退場) できるかを定義します。カード所有者またはカード所有者グループを直接エリアに割り当てることも可能で、その場合はそれらのカード所有者は常にアクセスが許可されます。
    ドア
    キャプティブであるドアと同様に、エリアの入場と退場 (周囲ドア) に使用されるドアをリンクします。キャプティブドアは人数カウントおよびアンチパスバックの適切な追跡に必要です。
    注: エリアに割り当てられたアクセスルールは、エリアのすべての周囲ドアに適用されます。各周囲ドアを独自のルールセットで管理する必要がある場合、各ドアに関するアクセスルールを構成します。
  5. [詳細] タブをクリックし、次の項目を設定します。
    アンチパスバック
    保護されたエリアに適用され、カード所有者が退場していないエリアに入場できないように (または入場していないエリアに退場できないように) するアクセス制限です。
    インターロック
    一度に開くことができる周囲ドアを 1 つだけにするロジックです。
    監督者先入ルール
    エリア内に監督者がいない間は、ロック解除スケジュールがトリガーされないか、または通常のアクセスが無効です。
    訪問者同行ルール
    訪問者がエリアに入場するには、指定されたホスト (カード所有者) の同行が必要です。
    脅迫 PIN
    ドアを開くことを強要されているカード所有者は、PIN の最後の桁を 1 つ増やして入力し、Security Desk イベントをトリガーできます。カードと PIN に設定されたリーダーが付いているドアでのみ機能します。
  6. [適用] をクリックします。