Security Center システムのスタータスのモニタリング - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

[システムステータス] レポートを使用して、さまざまなタイプのエンティティの現在のステータスをモニタリングし、正常性に問題がある場合はその原因を調査できます。

このタスクについて

システム・ステータス・レポートを使用して、システムをモニタリングできます。たとえば、機能していないカメラがある場合、[システムステータス] タスクでカメラを選択し、オフラインである原因を診断できます。[システムステータス] タスクから、[正常性履歴] タスクを起動し、ヘルスレポートを生成してさらに調査することもできます。

ルートをモニタリングする際は、ネットワーク性能を検出して現在のステータスを表示できるように、各ネットワークでリダイレクターを構成する必要があります。

手順

  1. [システムステータス] タスクを開きます。
  2. [モニタリング] ドロップダウンリストから、次のいずれかを選択します。
    • アクセス・コントロール・ユニット
    • アナログモニター
    • アプリケーション (管理者のみ)
    • エリア
    • Archiver
    • カメラ
    • レジ
    • ドア
    • エレベーター
    • 正常性の問題
    • 侵入検出エリア
    • 侵入検出ユニット
    • マクロ
    • 周辺機器
    • ロール
    • ルート
    • サーバー
    • ゾーン
  3. 必要に応じて、[セレクター] でエリアを選択します。
  4. ネストされたエリア内のエンティティを検索するには、[メンバーエンティティを検索] オプションを選択します。

    関連するエンティティ、ロール、アプリケーション、およびアイテムがレポートパネルにリストされます。

  5. (オプション) 選択したエンティティに応じて、次のいずれかを実行します。
    • 正常性履歴 レポートを起動するには、[] をクリックします。
    • 選択したエンティティをトラブルシューティングするには、[] をクリックします。
    • レポートを印刷するには、[] をクリックします。
    • エンティティの構成を変更するには、レポートパネル内のエンティティを右クリックし、[エンティティを編集] () をクリックします。
    • レポートを保存するには、[] をクリックします。