Security Center 内の AutoVu™ アプリケーションが使用するポート - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

システムで AutoVu™ が有効にされている場合、Security Center と外部 AutoVu™ コンポーネントが適切に通信できるよう、追加のファイアウォールルールを作成する必要があります。

重要: システムを強化する前に Security Center をインターネットに公開することはしないでください。システムを公開する前に、システムをインターネットの脅威から保護するために『Security Center 強化ガイド』で説明している高度なセキュリティレベルを実装してください。あるいは、リモート接続には信頼できる VPN を使用してください。

次の表に、Security Center 内の AutoVu™ アプリケーションが使用するデフォルトのネットワークポートを記載します。ネットワーク図を表示するには、ここをクリックしてください。

アプリケーション インバウンド アウトバウンド ポートの用途
LPR Manager   UDP 5000 固定 Sharp ユニットの検出
TCP 8731   固定 Sharp ユニットと Genetec Patroller™ インストール済み環境
TCP 8787   ペイ・バイ・プレート (別途インストールするプラグイン)
TCP 8832   Updater Service
TCP 9001   LPM プロトコル・リスニング・ポート
  TCP 8001 Sharp コントロールポート (LPM プロトコル接続ではなくライブ接続に使用)
  TCP 2323 Sharp ユニット構成 (HTTP)
Flexreader™ (Sharp ユニット) TCP 80   動画ポート (Security Center 拡張設定 HTTP)
TCP 443   動画ポート (Security Center 拡張設定 HTTPS)
TCP 2323   拡張設定構成サービス (HTTP)
TCP 4502-4534   Silverlight ポートおよび画像フィードサービス (SharpV 以前の Sharp モデル用)
TCP 4545   コントロールポート (モバイルインストール)
UDP 5000   Discovery ポート
TCP 8001   コントロールポート (固定インストール)
  TCP 21 FTP ファイルのアップロード
  TCP 8666 Updater Service との通信
ポータルサーバー (Sharp ユニット) TCP 80   通信ポート (HTTP)
TCP 443   セキュア通信ポート (HTTPS)
Updater Service (Sharp ユニットおよび車載コンピューター) TCP 8666   Flexreader™ との通信 (グリーティングのみ)
TCP 8889 TCP 8899 Genetec Patroller™ Updater との通信
  TCP 8832 LPR Manager との通信
Genetec Patroller™ (車載コンピューター) TCP 4546   タイムサーバーとの通信
TCP 8001   Simple Host との通信
  UDP 5000 Sharp カメラの検出
  TCP 8666 Updater Service との通信 (グリーティングのみ)
  TCP 8731 LPR Manager 接続