マップへのアラームの追加 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

マップにアラームを追加すると、Security Desk オペレーターがマップからアラームの監視と管理を行うことが可能になります。

始める前に

  • アラームを追加するマップを作成します。
  • Security Center システム内にアラームが存在することを確認します。

このタスクについて

マップにアラームを追加するには次の 3 つの方法があります。

アクティブなアラームの期間、アラームに関連付けられたマップオブジェクトの上にアラーム通知バブルが表示されます。これらの通知バブルはマップ上のアラームを表し、Security Desk オペレーターがアラームの調査、確認、スヌーズ、または転送を行い、アラームプロシージャを見直すことを可能にします。

手順

  1. Config Tool ホームページから、[Map designer] タスクを開きます。
  2. 最近のマップを選択するか、または [すべてのマップの参照] をクリックして、既存のマップを開きます。
    選択されたマップが Map designer ワークスペースを埋めます。
  3. ツールバーで、[アラーム] () をクリックし、追加するアラームを選択して、マップ上の配置場所へドラッグします。
    右側のパネルにマップオブジェクトを構成するためのウィジェットが表示されます。マップオブジェクトは常に、それが表現するエンティティの ID を引き継ぎます。
  4. [Map designer] ツールバーで、[保存] () をクリックします。