HID アクセス・コントロール・ユニットの追加の準備 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

Security Center で HID ユニットを追加する前に、その IP アドレスとログイン認証情報を知っている必要があります。この情報を見つけるために、ユニット登録ツールを使用できます。

このタスクについて

HID VertX (V1000、V2000)、および Edge デバイスは、ネットワークに DHCP サーバーが設置されている場合にネットワークアドレスを自動的に取得できる IP デバイスです。ネットワーク上に DHCP サーバーが存在しない場合、ユニットに静的な IP 構成を割り当てる必要があります (推奨)。

必要に応じてユニットの初期 IP 構成を変更するために、HID Discovery GUI を使用できます。HID Discovery GUI の詳細については、HID のドキュメントを参照してください。

初期 HID ハードウェアセットアップの詳細については、Security Center インストールパッケージの Documentation\Controllers フォルダーにある HID デバイスのドキュメントを参照するか、ドキュメントを http://www.HIDglobal.com からダウンロードしてください。

手順

  1. ネットワーク上のアクセス・コントロール・ユニットを検出します。
  2. 必要な HID ユニットが見つからない場合、ワークステーションのネットワークケーブルを外し、HID ユニットに直接挿入します。Edge または Edge EVOF などの PoE ユニットの場合、ラップトップおよびユニットをスタンドアロンスイッチに接続します。

    アドレス 169.254.242.121 はすべての HID デバイス用に工場で割り当てられたデフォルトのアドレスです。IP 構成を使用してユニットが構成されている場合でも、可能性のあるトラブルシューティングの要求のためにこのアドレスで引き続きリッスンします。

  3. ウェブブラウザーで http://169.254.242.121 と入力します。
  4. ログオンするには、デフォルトのユーザー名 (root) とパスワード (pass) を入力します。
    注: EVO ユニットのウェブインターフェイスは admin アカウントでのみアクセスできます。デフォルトではパスワードは空白です。IP 設定の変更後に変更してください。ユニットを Security Center に登録するには、root/pass を使用する必要があります。
  5. [基本セットアップ] ページで、デバイスの IP 構成を割り当てます。
    注意:
    ネットワーク上に DNS サーバーがない場合、[プライマリ DNS サーバー] の値にユニットの固有の IP アドレスを使用する必要があり、[基本中央ステーション] の IP アドレスに Access Manager ロールを実行している Security Center サーバーの IP アドレスを設定する必要があります。
  6. (オプション) [ログインパスワードの変更] をクリックし、パスワードを変更します。

    パスワードの変更は admin ユーザーに適用され、root ユーザーには適用されません。

  7. [送信] を送信します。

タスクの結果

新しい IP 構成がユニットに適用され、ユニットが再起動します。これで Security Center でユニットを追加できます。