カスタムフィールド用のカスタム・データ・タイプの作成 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

カスタムフィールドの作成時に標準以外のデータタイプを使用するために、独自のカスタム・データ・タイプを作成できます。

このタスクについて

カスタム・データ・タイプは標準データタイプに基づいて値のリストを定義します。カスタム・データ・タイプは、エンティティの構成ページの [カスタムフィールド] タブにあるドロップダウンリストに表示されます。

手順

  1. [システム] タスクを開き、[全般設定] ビューをクリックします。
  2. [カスタムフィールド] ページをクリックし、[カスタム・データ・タイプ] タブをクリックします。
  3. カスタム・データ・タイプ・リストの下部にある [] をクリックします。
  4. [カスタム・データ・タイプの編集] ページで、カスタム・データ・タイプの [名前]、[説明]、および [タイプ] を入力し、[次へ] をクリックします。
  5. [データエントリ] ページで、[] フィールドに値を入力し、[] をクリックします。

    入力された値は登録済みリストに追加されます。

  6. このデータタイプに関して可能性がある他の値を定義します。
  7. 終了後、[次へ]、[次へ]、および [閉じる] をクリックします。