Directory フェールオーバーを使用するシステムの Security Center ライセンスを再有効化する - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

Directory サーバーのリストでサーバーを追加または削除した場合は常に、新しい検証キーを使用して Security Center ライセンスを再有効化する必要があります。

始める前に

ライセンスを更新するには、次のものが必要です。
システム ID およびパスワード
システム ID とパスワードは Security Center ライセンス情報ドキュメントにあります。Genetec™ Customer Service は製品をお買い上げいただいた際に、このドキュメントをお送りいたします。

このタスクについて

重要: Server Admin を使用できるのは、単一サーバーのライセンスを有効化する場合のみです。複数の Directory サーバーを構成している場合、Config Tool で検証キーの生成とライセンスキーの適用の両方を行う必要があります。Config Tool からライセンスを更新するには、すべての Directory サーバーが稼働中でなければなりません。

手順

  1. Config Tool ホームページから、[システム] タスクを開き、[ロール] ビューをクリックします。
  2. [Directory Manager] () ロールを選択し、[Directory サーバー] タブをクリックします。
  3. [すべてのサーバーのライセンスを変更] をクリックします。
    [ライセンス管理] ダイアログボックスが開きます。

  4. [ライセンス管理] ダイアログボックスで、次のいずれかの方法を使用してライセンスを有効にします。
    ウェブアクティベーション
    (推奨) インターネットを使用してライセンスを再有効化します。

    表示されるダイアログボックスで、[システム ID] と [パスワード] に値を入力し、[有効化] をクリックします。

    手動アクティベーション
    Config Tool ワークステーションでインターネットにアクセスできない場合、ライセンスファイルを使用して手動で Security Center ライセンスを再有効化します。
    重要: 複合検証キー (すべての Directory サーバーからなる検証キー) を送信する必要があります。そうでないと、エラーメッセージが表示されずに再有効化が失敗し、Directory フェールオーバーが機能しません。
    ライセンス情報を表示するダイアログボックスが開きます。

    [ライセンス] ドロップダウンリストからオプションを選択して、ライセンスに含まれる内容を表示できます。

  5. [適用] をクリックしてダイアログボックスを閉じ、Config Tool ウィンドウの下部にある [適用] をクリックして変更内容を保存します。