Security Center でエンティティをメンテナンスモードに設定する - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

ロールなどのエンティティの構成設定を変更する場合や、エンティティに対応する物理ユニット上で作業を行わなければならない場合 (動画ユニット、侵入検出ユニット、アクセス・コントロール・ユニット、LPR ユニットなどでのメンテナンス)、エンティティをメンテナンスモード に設定することで、そのエンティティの正常性統計への影響を回避できます。

このタスクについて

  • 予期しない停止時間 (エンティティが利用不可になる期間) は、そのエンティティの正常性統計に影響を与えます。ただし、エンティティがメンテナンスモード になっていれば、停止時間は計画的な 停止とみなされるため、そのエンティティの可用性の計算で使用されません。
    注: エンティティをメンテナンスモードに設定しても正常性イベントは停止しませんが、すべての正常性イベントは通知イベントとして報告されます。
  • メンテナンスモードに設定できるエンティティは、ロール、動画ユニット、カメラ、アクセス・コントロール・ユニット、侵入検出ユニット、ハードウェアゾーン、パトロール車両、LPR ユニットです。
  • ドアの [プロパティ] タブで、メンテナンスを目的にドアをロック解除することもできます。

手順

  1. Config Tool で該当するタスクを開きます。
  2. エンティティのツリービューでエンティティを右クリックし、[メンテナンス] () > [メンテナンスモード] () の順にクリックします。
  3. [メンテナンスモード] ダイアログボックスで、[オンに切り替える] をクリックします。
  4. エンティティをメンテナンスモードに設定する期間を選択します。次のいずれかのオプションを選択できます。
    無期限
    終了日なし。手動でメンテナンスモードをオフに切り替える必要があります。
    期間
    選択した日数の間、メンテナンスモードが有効になります。
    特定の終了時間
    選択した日付まで、メンテナンスモードが有効になります。

    エンティティがメンテナンスモードになっている間に期間を変更することもできます。

  5. [理由] フィールドに、エンティティをメンテナンスモードに設定する理由を入力します。
  6. [保存] をクリックします。
    Federation™ ロールのアイコンがすぐに更新されないことがあります。その場合は、F5 キーを押してエンティティツリーを更新してください。
    エンティティは、指定した期間にわたりメンテナンスモードに設定されます。エンティティがメンテナンスモードになっている間は、Config Tool と Security Desk のエリアビュー、および該当する場合は Security Desk タイルとマップ上で、エンティティアイコンの上に [メンテナンスモード] アイコン () が表示されます。エリアビューとマップ上でエンティティアイコンにカーソルを合わせると、エンティティがメンテナンスモードになっている理由が表示されます。