アラームのオプションプロパティを設定する - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

アラームを作成して基本的なプロパティを構成した後、さらに追加で設定できるプロパティがあります。

手順

  1. [アラーム] タスクを開き、[アラーム] ビューをクリックします。
  2. 構成するアラームを選択してから [詳細] タブをクリックします。
  3. 次のオプションを設定します。
    しきい値の再有効化
    Security Center がアラームをトリガーした後、アラームの再トリガーを待機しなければならない最小時間。このオプションにより、アラームが解決されるまでシステムが同じアラームを繰り返しトリガーすることを防止できます。
    アラームプロシージャ (URL)
    オペレーター向けのアラーム処理手順を説明するアラームプロシージャの URL またはウェブページのアドレスを入力します。Security Desk のアラームウィジェットで、ユーザーが [アラームプロシージャを表示] () をクリックすると、ここで指定したウェブページが表示されます。
    スケジュール
    このアラームが有効な時間を定義します。このスケジュールで定義された期間以外は、このアラームをトリガーしても効果がありません。
    注: アラームには複数のスケジュールを追加できます。解決できないスケジュールの競合は通知されます。
    自動確認
    このオプションをオンにすると、このアラームが確認されていない状態が指定した時間 (秒数) に達したときにシステムが自動的にアラームを確認します。セキュリティオペレーターへの警告として機能し、アクションを必要としない低優先度のアラームには、このオプションを使用することをお勧めします。このオプションをオフにすると、Server Admin を使用してシステムレベルで構成された [アラーム自動確認までの時間] オプションが使用されます。
    注: 自動確認は、アクティブな条件が関連付けられたアラームには適用されません。このようなアラームを確認するには、アラームを強制的に確認する必要があります (そのためにはアラームの強制確認権限が必要です)。
    確認時にインシデントを作成する
    Security Desk ユーザーがアラームを確認するたびにインシデントを報告するよう求める場合は、このオプションをオンにします。
    注: このオプションをオンにすると、[自動確認] オプションはオフになります。
    自動動画録画
    アラームがトリガーされたときに動画の録画を開始する場合は、このオプションをオフにします (デフォルトはオン)。
    録画動画を保護
    このアラームに関連する動画録画を指定の日数にわたって保護する場合は、このオプションをオンにします (デフォルトはオフ)。
    アラーム音声
    Security Desk で音声を再生するようにアラームを構成した場合、新しいアラームが発生したときに再生するサウンドバイトを選択します。デフォルトでは、Security Desk の [オプション] ダイアログボックスで構成されたサウンドバイトが使用されます。
    アラームの色を選択します。この色は、[アラームのモニタリング] または [モニタリング] タスクでタイルにアラーム動画が表示される場合と、マップ上でアラームがトリガーされた場合に、アラーム動画のオーバーレイに使用されます。
  4. [適用] をクリックします。