PTZ モーターの構成 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

動画ユニット上のカメラに PTZ モーターが統合されていない場合、PTZ モーターを別途構成してからでないと Security Desk でモーターを制御できません。

このタスクについて

一部の PTZ モーターは次の追加コマンドをサポートします。
ズームボックス
マウスを使用し、動画画像上にボックスを描画することで、エリアをズームインします。これは固定カメラのデジタルズームのように機能します。
センターオンクリック
単一のクリックで動画画像の 1 点にカメラの中心を置きます。
拡張ズーム
タイル内で使用可能なスライダーを使用して、特定のズーム倍率 (絶対値) にズームインまたはズームアウトします。たとえば、スライダーを 10x に移動すると、放してもその位置を維持できます。[拡張 PTZ] が無効の場合、ズーム倍率は使用できず、スライダーを放すと中央位置に戻ります。この動作はカメラのパンとチルトに使用するジョイスティックと同様です。

これらのコマンドが有効な場合、Security Desk で PTZ を制御する際、通常のパン、チルト、およびズームコマンドを置き換えます。

手順

  1. Config Tool ホームぺージから、[動画] タスクを開きます。
  2. 構成するカメラを選択し、[ハードウェア] タブをクリックします。
  3. [PTZ] オプションを [オン] に切り替えます。
  4. [プロトコル] ドロップダウンリストから、PTZ モーターによって使用されるプロトコルを選択します。
  5. [プロトコル] フィールドの横で、[] をクリックし、[アイドル遅延]、[アイドルコマンド]、[ロック遅延] オプションを設定します。
  6. [シリアルポート] ドロップダウンリストから、PTZ モーターを制御するために使用されるシリアルポートを選択します。
  7. [PTZ アドレス] ボックスで、シリアルポート上の PTZ モーターを識別する番号を選択します。
    同じシリアルポート上で複数の PTZ モーターを接続できることから、この数値は重要です。これは、PTZ ハードウェア上でのディップスイッチの設定と対応した数値でなければなりません。
  8. 拡張 PTZ コマンド (ズームボックス、センターオンクリック、および拡張ズーム) を有効化するには、[拡張 PTZ] オプションを [オン] に切り替え、PTZ 座標を調整します。
  9. [適用] をクリックします。

次のタスク