タイムゾーンの UTC への変更 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

時間変更中に記録されたアーカイブを処理する際、動画タイムラインからの関連する影響を取り除きたい場合、タスクの実行前に Security Desk でタイムゾーンを協定世界時 (UTC) に設定できます。

このタスクについて

Security Desk および Config Tool では、選択されたタイムゾーンに相対した時刻が表示されます。ただし、サーバーは UTC を使用し、クライアントアプリケーションはサーバーの UTC タイムスタンプを選択されたタイムゾーンに変換します。クライアントアプリケーションが UTC を使用するように設定すると、時間変換をスキップし、時間変更時の影響を避けることができます。
注: 時刻と日付の設定は構成するクライアントアプリケーションにのみ適用されます。各アプリケーションは別々に構成する必要があります。

手順

  1. ホームページから、[オプション > 日付と時間] をクリックします。
  2. 必要に応じて、[タイムゾーンの省略形を表示する] を選択し、通知トレー内の時刻の横に選択されたタイムゾーンを表示します。
  3. [表示する時間の基準 次のタイムゾーン] を選択し、[(UTC) 協定世界時] を選択します。
  4. [保存] をクリックします。

タスクの結果

クライアントアプリケーションは現在の時刻と、UTC タイムゾーンに相対したアーカイブタイムスタンプを表示します。