不正解錠に対する動画ファイルの保護 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

動画証拠を法廷で使用する場合、Archiver で動画透かしを有効化し、動画を不正解錠から保護して、改ざんされなかったことを証明できます。

このタスクについて

動画透かしは、録画された動画フレームにデジタル署名 (透かし) を追加することによってその信頼性を確実にします。動画が録画されてから、フレームの追加、削除、または変更によって動画に変更が加えられた場合、変更されたコンテンツの署名は一致しなくなるため、その動画が不正解錠されていることが明らかになります。

手順

  1. [システム] タスクを開き、[ロール] ビューをクリックします。
  2. Archiver ロールを選択し、[リソース] タブをクリックし、[高度な設定] をクリックします。
  3. [動画透かし] を [オン] に設定し、[OK] > [適用] をクリックします。
  4. 透かしの指紋用に暗号化キーをセットアップします。