ゾーンのタイプ間の相違点 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

次の表に、ハードウェアゾーン、仮想ゾーン、I/O ゾーンの相違点を記載します。この表を参考に、作成する必要があるゾーンのタイプを判断してください。

特性 ハードウェアゾーン 仮想ゾーン I/O ゾーン
推奨される用途 ハードウェアゾーンは、迅速な対応とオンライン動作がセキュリティシステムにとって不可欠な場合に推奨されます。 仮想ゾーンは、柔軟性が要求される場合やアクセス・コントロール・ユニットが使用できない場合に推奨されます。 I/O ゾーンは、迅速な対応、オフライン動作、複数のユニットにまたがる I/O リンクが必要な場合に推奨されます。
ロール Access Manager Zone Manager Access Manager
必要なユニットタイプ HID または Synergis™ ユニット 入出力対応の任意のタイプのユニット1 Synergis™ ユニット2
ユニットの操作モード オンライン、オフライン オンライン オンライン、オフライン
I/O リンクの実行 アクセス・コントロール・ユニット Zone Manager マスターユニット3
I/O リンク (入力) すべての入力が同じユニットから提供される必要があります。 任意のタイプの任意のユニットからの入力を組み合わせることができます。 任意のユニットからの入力を組み合わせることができます。
論理演算子 (入力) OR/AND OR/AND OR
I/O リンク (出力) すべての出力が入力と同じユニットから生成される必要があります。 任意のタイプの任意のユニットに対して出力をトリガーできます。 任意のユニットに対して出力をトリガーできます。
I/O リンクの構成 ゾーン構成 + イベントに対するアクション ゾーン構成 + イベントに対するアクション ゾーン構成のみ
ピアツーピア 非対応 非対応 対応4
Security Desk からの監視/監視解除 非対応 対応 対応5
アクションを使用した監視/監視解除 非対応 対応 対応5
キースイッチを使用した監視/監視解除 対応6 非対応 非対応
スケジュールに基づく監視/監視解除 対応7 対応8 対応9
監視遅延 オフ/オン (mm:ss) オフ/オン (mm:ss) 非対応
入場遅延 オフ/オン (mm:ss) オフ/オン (mm:ss) 非対応
メンテナンスモード 非対応 非対応 対応

1 侵入検出ユニットの入力モニタリングにゾーンを使用することは推奨されません

2 Security Center 5.5 以降と Synergis™ Softwire 10.2 以降が必要です。

3 マスターユニットは、I/O リンクを行うユニットとして選択した Synergis™ ユニットです。

4 最大 15 台の Synergis™ ユニットが互いに直接通信できます。ただし、そのすべてが同じ Access Manager に属していることが条件となります。

5 マスターユニットがオンライン状態でなければなりません。

6 キースイッチを同じアクセス・コントロール・ユニットの入力にケーブル接続する必要があります。

7 一度に 1 つのスケジュールのみ。キースイッチを使用する場合は、スケジュールを組み合わせることはできません。

8 複数のスケジュールをサポートします。

9 例外スケジュールを含め、複数のスケジュールをサポートします。