AutoVu™ Free-Flow について - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

Security CenterAutoVu™ Free-Flow 機能は、モニタリング対象の駐車ゾーンで発生する駐車違反のリアルタイムインベントリを提供することで、駐車場管理の効率を高めます。

AutoVu™ Free-Flow を使用すると、固定 Sharp ユニットで入退場をモニタリングしている駐車ゾーンの一時利用月極契約を管理できます。システムは駐車ゾーンに入退場する車両のナンバープレートを記録し、それを許可所有者および Pay-by-Plate Sync 対応の精算機やモバイル駐車アプリで受け取った支払いのリストと比較します。購入した駐車時間を超えて駐車している車両は、自動的に違反としてマークされ、施行待ちになります。駐車監視員が手作業でチケットを発行する場合、監視員はこの情報を利用して駐車ゾーンパトロールの出動時間と出動先を決定できます。



AutoVu™ Free-Flow を使用すると、次のことが可能になります。

  • Pay-by-Plate Sync プラグインを使用して、AutoVu™ Free-Flow をサードパーティの駐車許可プロバイダーと統合することもできます。サードパーティの複数のナンバープレート対応駐車 (LEP) システムを 1 つの駐車ソリューションに統合できます。車両の所有者は、パーキングメーターによる支払いを選択し、違反になる前に駐車時間を延長できるようになります。
  • Pay-by-Plate Sync の動的な許可を Security Center の静的な許可と結合できます。これにより、サードパーティのプロバイダーによる許可を使用するのに加えて、週単位や月単位の許可を定義できるようになります。
  • システムは、チケット管理システムで使用できる違反の XML ファイルを生成できます。
  • 画面上の違反レポートに加えて、PDF、CSV、Excel 形式のレポートを生成できます。駐車設備に Genetec Patroller™ ユニット (車載アプリケーション) が含まれている場合、システムはモバイル施行で使用する違反車両のホットリストを生成できます。

詳細については、この動画をご覧ください。使用可能ないずれかの言語で動画字幕をオンにするには、字幕アイコン (CC) をクリックしてください。Internet Explorer を使用すると、動画が表示されない場合があります。この問題を解決するには、[互換表示設定] を開いて [イントラネット サイトを互換表示で表示する] をオフにします。