建物のフロアーとしてのマップの構成 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

マップ間をすばやく移動するために、2 つ以上のマップを同じ建物のフロアーとして指定できます。

始める前に

それぞれがフロアーを表すマップされたサブエリアを持つ、1 つ以上の建物にエリアビューを整理します。

このタスクについて

Map designer を使用して、マップを建物のフロアーとして構成できます。フロアーマップでは、マップ上にオーバーレイされたコントロールを使用して、建物をすばやく移動できます。

各フロアーは同じ建物内の他のすべてのフロアーにリンクされます。表示するフロアーのボタンを押すことで、フロアーマップ間を移動できます。エリアが複数の建物に含まれる場合 (共有の駐車場など)、建物間の移動にフロアーコントロールを使用できます。

フロアーマップがジオリファレンスされる場合、フロアー間の移動時にマップビューはマップの同じ部分にとどまります。フロアーの変更中に Ctrl キーを押したままにすると、デフォルトのビューに戻ります。

手順

  1. Config Tool ホームページから、[Map designer] タスクを開きます。
  2. 最近のマップのいずれかを選択するか、または [すべてのマップの参照] をクリックすることで、フロアーマップを開きます。
    注: 接続されたフロアーマップに関連付けられたエリアは同じ親を持つ必要があります。
  3. 次のいずれかの方法で [フロアー] ダイアログボックスを開きます。
    • [マップ] > [フロアー] をクリックします。
    • [Map designer] ツールバーで、[フロアー] () ボタンをクリックします。
    • 重なっている [フロアーの編集] () ボタンをクリックします。

  4. 2 つ以上のチェックボックスを選択して、マップを親エリアのフロアーとして指定します。各フロアーにはフロアーコントール上のマップを表すための構成可能な略記があります。
  5. 必要があれば、矢印 () を使用してフロアーの順序を変更します。フロアーはフロアーコントール内にこの順序で表示されます。
  6. [OK] をクリックします。

タスクの結果

フロアーコントールは Config Tool および Security Desk のマップの右下隅にオーバーレイされます。
注: [フロアーの編集] () ボタンは Config Tool でのみ使用できます。