ユーザーにリモートからの制御を許可するワークステーションを選択する - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

ユーザーに CCTV キーボードまたは Security Desk の [リモート] タスクを使用したリモートからの制御を許可する Security Desk ワークステーションとモニターを選択できます。

このタスクについて

Security Desk によって制御されるすべてのモニターには一意のモニター ID が割り当てられます (これは通知トレー、[システム] タスクの [全般設定] - [論理 ID] ページに示されます)。CCTV キーボードを使用してリモート Security Desk ワークステーション上のエンティティを表示するには、ワークステーションのモニター ID、タイル ID、エンティティの論理 ID を指定します。

重要: ローカルユーザーがリモート Security Desk ワークステーションに接続するには、Security Desk ワークステーションとそのユーザーに対するリモートコントロール権限 が付与されていることに加え、次の条件を満たしている必要があります。
  • ローカルとリモートの Security Desk が両方とも稼働中で同じ Security Center Directory に接続されていること。
  • ローカルユーザーに、リモート Security Desk にログオンしているユーザーと同じ、またはそれ以上のユーザー権限が付与されていること。
  • ローカルユーザーが、リモート Security Desk にログインしているユーザーがメンバーになっているすべてのパーティションのメンバーであること。

手順

  1. Config Tool ホームページから、[ユーザー管理] タスクを開きます。
  2. 構成するユーザーを選択してから [詳細] タブをクリックします。
  3. [リモートコントロールに使用可能] セクションで、[アイテムの追加] () をクリックします。
  4. ドロップダウンリストから、次のいずれかのエンティティタイプを選択します。
    ユーザー
    指定したユーザーがログオンしている任意の Security Desk ワークステーションをリモートから制御できます。
    ユーザーグループ
    指定したユーザーグループがログオンしている任意の Security Desk ワークステーションをリモートから制御できます。
    アプリケーション
    どのユーザーがログオンしているかにかかわらず、指定したワークステーション (COMPUTER - SecurityDesk) をリモートから制御できます。
  5. 関連するエンティティを選択して、[OK] > [適用]の順にクリックします。