ドアの構成タブ - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

このセクションでは、[エリアビュー] タスクで使用できる、ドアのさまざまな構成タブの設定について説明します。

ドア - [プロパティ] タブ

[プロパティ] タブでは、ドアの一般的な動作を構成できます。一部の動作は、すべてのタイプのアクセス・コントロール・ユニットでサポートされているわけではありません。構成済みの動作が選択したアクセス・コントロール・ユニットでサポートされていない場合、その構成が無効である理由を説明する黄色の警告メッセージがページ上に表示されます。
メンテナンス目的のロック解除
メンテナンスのために、ドアのロックを解除し、ドアを開ける場合は、[オン] に設定されます。ドアがメンテナンスモードになっている間、ドアはロック解除された状態になります。この期間中は、[ドアオフライン: デバイスがオフラインです] イベント以外のイベントは生成されません。マップ上では、ドアアイコン上にメンテナンスモードアイコン () も表示されます。
標準許可時間
[アクセス許可] イベントの生成後、ドアのロック解除状態を維持する期間
延長許可時間
[延長許可時間] プロパティが有効になっているカード所有者に対して、アクセスが許可された後にドアのロック解除状態を維持する期間
標準入場時間
[標準許可時間] に加算される、カード所有者が入場センサーを通過するまでの許容時間。この期間内にカード所有者が入場したことが検出されなければ、[エントリは検出されませんでした] イベントが生成されます。このオプションは、ドアに入場センサーが構成されている場合にのみサポートされます。入場センサーが構成されている場合、ドアが開放された時点で入場したと想定されます。ドアセンサーが構成されていない場合、アクセスが許可された時点で入場したと想定されます。

たとえば、[標準許可時間] が 5 秒に設定されていて、入場時間が 3 秒に設定されている場合、カード所有者がドアの入場センサーをトリガーするまでに、8 秒間の猶予が与えられます。

延長入場時間
[延長許可時間] に加算される、[延長許可時間] プロパティが有効にされているカード所有者が入場センサーを通過するまでの許容時間。この期間内にカード所有者が入場したことが検出されなければ、[エントリは検出されませんでした] イベントが生成されます。このオプションは、ドアに入場センサーが構成されている場合にのみサポートされます。入場センサーが構成されている場合、ドアが開放された時点で入場したと想定されます。ドアセンサーが構成されていない場合、アクセスが許可された時点で入場したと想定されます。

たとえば、[標準許可時間] が 10 秒に設定されていて、[延長入場時間] が 10 秒に設定されている場合、カード所有者がドアの入場センサーを通過するまでに、20 秒間の猶予が与えられます。

ドア再ロック
アクセスが許可された後、ドアを再ロックするタイミングを指定します。
閉鎖時
ドアが閉鎖された時点で再ロックします。
注: このオプションは、HID ユニットではサポートされていません。
開放後遅延
ドアが開放された後、指定した遅延時間が経過した時点で再ロックします。
注: HID ユニットの場合、最大遅延は 27 分です。
スケジュールに従ってドアがロック解除された場合
スケジュールに従ってドアがロック解除された場合に抑制するイベントを選択します。
  • [ドアの開放時間が長すぎます] イベント
  • [アクセス許可] イベントと [アクセス拒否] イベント
ドアホールド中
ドアが開けっぱなしになっているときの動作
イベントをトリガー
指定の時間が経過した後に [ドアの開放時間が長すぎます] イベントを生成させるには、[オン] に設定します。
リーダーブザーの挙動
ブザーを鳴らさない場合は [抑制] を選択します。ドアが閉鎖した時点でブザーを止める場合は [ドア閉鎖時に抑制] を選択します。
ドア強制中
ドア強制中の動作
イベントをトリガー
[ドアが強制的に開放されました] イベントを生成させるには、[オン] に設定します。
リーダーブザーの挙動
ブザーを鳴らさない場合は [抑制] を選択します。ドアが閉鎖した時点でブザーを止める場合は [ドア閉鎖時に抑制] を選択します。アクセスが許可された時点またはドアが手動で施錠された時点でブザーを止めるには [アクセス許可時に抑制] を選択します。
退出申請 (REX)
通常はドアでの誤った [退出申請] イベントの数を減らすために、このオプションを使用します。
アクセス許可後に REX を無視する時間
アクセスが許可された後、ここで指定した期間が経過するまではすべての退出申請が無視されます。
REX でロック解除
REX を使用していて、すべての退出申請に自動的にアクセスを許可する場合は、[オン] に設定します。
注: アクセス・コントロール・ユニットが Access Manager に接続されている場合、Security Center は REX のイベントを受信しません。ただし、ユニットがオフラインになった後、Access Manager に再接続されると、REX イベントを受信します。
ドア開放中は REX イベントを無視
ドアが開かれている間、REX イベントを生成しません。
ドア閉鎖後に REXT を無視する時間
ドアが閉鎖された後、ここで指定した期間が経過するまでは REX イベントが生成されません。
注: HID コントローラーはこの機能をサポートしていません。
訪問者同行ルールと連続入場制限ルール
訪問者同行ルールと連続入場制限ルールの制限に共通する設定
連続入場制限ルールを施行
2 人のカード所有者が特定の遅延期間中に互いに認証情報を提示しなければアクセスが許可されないようにする場合は、[オン] に設定します。このルールはドアの片側のみ、または両側に施行できます。
カード提示間の最大遅延
一方のカードを提示してから、もう一方のカードを提示するまでに許容される最大遅延時間。この時間を経過すると、訪問者同行ルールと連続入場制限ルールの制限に違反することになります。

ドア - [ハードウェア] タブ

[ハードウェア] タブでは、アクセス・コントロール・ユニットとドア間の物理配線の関係を構成し、カメラをドアの各側に関連付けることができます。
優先ユニット
ドアに接続するアクセス・コントロール・ユニット
優先インターフェイス
ドアに接続するインターフェイスモジュール
ドアの各側
コントローラーとドアで行われている物理配線と一致する、ドアの各側に関連付けるリーダー、REX センサー、入場センサー、カメラ
使用できるリーダー設定は次のとおりです。
PIN 入力タイムアウト
カードが読み取られた後の PIN の入力タイムアウトを設定します。たとえば、デフォルト (5 秒) では、すべての PIN 数字を入力するまでに 5 秒間の猶予が与えられます。
カードと PIN を使用
リーダーモードを [カードと PIN] に変更して、[スケジュール] ドロップダウンリストからこのモードを適用する期間を選択するには、[オン] に設定します。スケジュールされた期間外では、リーダーは [カードのみ] モードで動作します。
その他の接続
コントローラーとドアに関連付けるその他の物理接続

ドア - [アクセスルール] タブ

[アクセスルール] タブでは、このドアに適用されるアクセスルールを確認できます。
ドアアクセスの適用対象
ドアのどちら側にアクセスルールが適用されるかを指定します。
両側
ドアの両側に同じアクセスルールを適用します。
各側
ドアのそれぞれの側に個別のアクセスルールを適用します。
ドア (各側) のアクセス権限
このドア (またはドアの各側) に対するアクセス権限を持つユーザーを定義します。
アクセスルール
カード所有者またはカード所有者グループに、スケジュールに従ってドアに対するアクセス権限を許可 (または拒否) するためのアクセスルールを追加します。これが推奨される方法です。
カード所有者、カード所有者グループ
常にこのエリアへのアクセスを許可するカード所有者とカード所有者グループを追加します。この方法は一時的な状況でのみ使用してください。
注: エリアのすべての周囲ドアが同じアクセスルールを共有する場合は、エリアレベルで該当するアクセスルールを定義する必要があります。

ドア - [ロック解除スケジュール] タブ

[ロック解除スケジュール] タブでは、ドアのアクセスを保護せず、アクセスルールを適用しないスケジュール期間を構成できます。
ロック解除スケジュール (フリーアクセス)
ドアのロック解除状態を維持し、アクセスルールを適用しない期間
ロック解除スケジュールに対する例外 (制御されたアクセス)
ドアのロック状態を維持し、アクセスルールを適用する期間