インポートされたエンティティによって発生した競合を解決する - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

AD からエンティティをインポートする前にデータベース内にすでに該当するエンティティ (ユーザーまたはカード所有者) が保管されていた場合、競合の解決が必要になることがあります。

このタスクについて

同期するエンティティの名前がローカルエンティティと同じ場合、Active Directory ロールはそれを潜在的競合とみなします。競合解決 ツールを使用して潜在的競合 () を確認し、競合するエンティティを [カード所有者管理] タスクで削除することで、競合を解決できます。

手順

  1. [システム] タスクを開き、[ロール] ビューをクリックします。
  2. Active Directory ロール () を選択してから、[競合解決] () をクリックします。

    [Active Directory の競合解決] ダイアログボックスが開きます。左側に、同期されたすべてのエンティティがリストされます。ローカルエンティティと競合するエンティティには、緑色のフラグが立てられます。

  3. 次の手順に従って、各カード所有者の競合を解決します。
    1. [カード所有者管理] タスクを開き、競合する 2 つのカード所有者レコードを見つけます。
    2. 競合するカード所有者レコードの一方を選択し、[変更] をクリックします。
    3. 欠落している情報がある場合は、重複するカード所有者レコード内の該当する情報を追加します。
    4. カード所有者レコードを保存して閉じます。
    5. 重複するカード所有者レコードを選択し、[カード所有者を削除] をクリックします。
  4. 次の手順に従って、各ユーザーの競合を解決します。
    1. [ユーザー管理] タスクを開きます。
    2. エンティティブラウザーで、競合する 2 つのユーザーレコードを見つけます。
    3. 競合するユーザーレコードの一方を開きます。
    4. 欠落している情報がある場合は、重複するユーザーレコード内の該当する情報を追加します。
    5. [適用] をクリックします。
    6. 重複するユーザーレコードを選択し、[削除] をクリックします。
  5. [システム] タスクの [ロール] ビューに戻ります。
  6. [Active Directory の競合解決] ダイアログボックスで、競合としてフラグが立てられているエンティティを選択し、[削除] をクリックします。
  7. [Active Directory の競合解決] ダイアログボックスで、[終了] をクリックします。

    このプロセスにより、解決された競合が記録された Conflict_Manifest.data という名前のファイルが生成されます。このファイルを今後の参照用として保存できます。