Global Cardholder Synchronizer の構成タブ - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

Global Cardholder Synchronizer ロールの設定を構成するには、Security Center Config Tool の [アクセスコントロール] タスクで [ロールとユニット] タブを使用します。

Global Cardholder Synchronizer - [プロパティ] タブ

[プロパティ] タブをクリックし、共有ホスト への接続パラメーター、共有するグローバルパーティション、同期の方法を構成します。
接続ステータス
Global Cardholder Synchronizer (GSC) ロールと共有ホスト間の現在の接続ステータスを示します。2 行目には、接続アクティビティまたは前回の同期日時が示されます。
Directory
共有ホスト上の Directory サーバー の名称。デフォルトの接続ポート (5500) 以外のポートが使用されている場合、Directory 名の後にコロンで区切って該当するポート番号を明示的に指定する必要があります。例: HostServer:5888
ユーザー名とパスワード
GCS ロールが共有ホストに接続する際に使用する認証情報。このユーザーのアクセス権と権限によって、ローカルシステムが認識してホストシステムと共有できるものが決まります。
グローバルパーティション
共有ホストで検出されたグローバルパーティションの一覧。共有するものを選択します。
更新
このボタンをクリックすると、共有ホストで検出されたグローバルパーティションの一覧が表示されます。
同期
このボタンをクリックすると、共有ホストから最新情報が取得されます。スケジュール済みのタスクを設定することで、スケジュールに応じてローカルシステムを同期することもできます。

Global Cardholder Synchronizer - [リソース] タブ

このロールに割り当てるサーバーを構成するには、[リソース] タブをクリックします。 GCS ロールにはデータベースは必要ありません。
サーバー
このロールをホストしているサーバー