ユーザーの構成タブ - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

このセクションでは、[ユーザー管理] タスクで使用できる、ユーザーのさまざまな構成タブの設定について説明します。

ユーザー - [プロパティ] タブ

[プロパティ] タブでは、ユーザーの個人情報とパスワードを構成できます。
ステータス
ユーザープロファイルを有効または無効にします。プロファイルが無効になっているユーザーはログオンできません。ログオン中のユーザーのプロファイルを無効にすると、そのユーザーは直ちにシステムからログオフされます。
個人情報
ユーザーの個人情報は、会社の Directory サービスからインポートできます。
氏名
ユーザーの氏名
電子メールアドレス
ユーザーの電子メールアドレス。ユーザーに電子メール、レポート、メッセージを送信する際に使用できます。
パスワード設定
Security Center にログオンするには、すべてのユーザーがパスワードを必要とします。ユーザーに自身のパスワードの変更 権限が割り当てられていなければ、パスワードのオプションは有効になりません。
有効期限
特定の日数が経過した後、ユーザーにパスワードを変更させる場合は、このオプションを有効にします。
次回ログイン時に変更
Genetec Patroller™ または Security Desk に次回にログオンするときにユーザーにパスワードを変更させる場合は、このオプションを有効にします。
パスワードを変更
他のユーザーのパスワードを変更するには、ユーザープロパティの変更権限が割り当てられている必要があります。
ユーザーレベル
ユーザーレベルを設定します。 ユーザーレベルは、特定の操作 (カメラ PTZ の制御、カメラからの動画フィードの閲覧や、脅威レベルが設定されてもログオン状態を維持すること) を制限するためにユーザーに割り当てられる数値です。レベル 1 が最上位のユーザーレベルであり、最も多くの権限が与えられます。
親から継承
ユーザーレベルを親グループから継承できます。ユーザーが複数の親を持つ場合、最も高いユーザーレベルが継承されます。ユーザーに親グループがない場合は、最も低いユーザーレベル (254) が継承されます。ユーザーレベルの設定を変更するには、[親から継承] オプションを [オーバーライド] に設定する必要があります。
PTZ オーバーライドの構成
選択した PTZ カメラにそれぞれ異なるユーザーレベルの値を設定します。オーバーライド値を使用して、特定の PTX カメラに対するこのユーザーの優先度を高くしたり低くしたりできます。

ユーザー - [アクセス権限] タブ

[アクセス権限] タブでは、パーティションに対するユーザーのアクセス権限を確認および構成できます。このタブが表示されるのは、システム内にユーザーが作成した既存のパーティションがある場合のみです。
パーティションのリスト
ユーザーにアクセス権限を与える対象のパーティションを選択します。親パーティションと子パーティションに対するアクセス権限は、それぞれ独立して構成できます。親ユーザーグループから継承されたアクセス権限を取り消すことはできません。
管理者
選択したパーティションに含まれるすべてのエンティティに対するフルアクセス権限をユーザーに付与する場合は、このオプションを選択します。フルアクセス権限には、ユーザー、ユーザーグループ、子パーティションを作成および削除する権限が含まれます。
チェックしたアイテムを表示 ()
これをクリックすると、選択したパーティションのみの表示とすべてのパーティションの表示の間で表示内容が切り替わります。

ユーザー - [権限] タブ

[権限] タブでは、ユーザーの権限を確認および構成できます。ユーザーの権限は、親ユーザーグループから継承できます。
許可
ユーザーに権限が付与されます。
拒否
ユーザーへの権限付与が拒否されます。
未定義
この権限は親ユーザーグループから継承する必要があります。ユーザーがどのグループにも属していない場合、または親ユーザーグループに該当する権限が定義されていない場合、権限が拒否されます。
例外
ユーザーに複数のパーティションへのアクセスが許可されている場合、基本的な権限をパーティションレベルの権限で置き換えることができます。 管理者権限、アクション権限、パブリックタスクに対する権限だけです。
その他の設定 ()
クリックすると、権限テンプレートに対するその他のコマンドが表示されます。
テンプレートを適用
権限テンプレートのいずれかを選択して適用します。
構成を読み取り専用に設定する
管理権限グループに含まれるすべてのエンティティ構成権限を [プロパティの表示] に設定します。
構成を読み取り/書き込みに設定する
追加削除 を含め、すべてのエンティティ構成の変更を許可します。

ユーザー - [詳細] タブ

[詳細] タブでは、ユーザーの詳細設定を構成できます。
ログオン設定
ユーザーのログオン設定を構成します。
ユーザーのログオンスケジュール
スケジュールに従ってユーザーのログオンを制限します。スケジュールを使用して、ユーザーのログオンを許可またはブロックできます。
ログオン管理者の管理対象
現在のユーザーがログオン管理対象としているすべてのユーザーを一覧表示します。このリストに含まれるユーザーがシステムにログオンするときには、現在のユーザーがそのユーザーのユーザー名とパスワードを入力しなければログオンは完了しません。1 人のユーザーを複数のログオン管理者が管理する場合もあります。
同時ログオン数の制限
ユーザーが同時にログオンできるワークステーションの最大数を設定します。この制限は Security Desk にのみ適用されます。Config Tool はこの設定によって制限されません。
自動ロック
一定の期間、ユーザーが操作を行わないと Security Desk セッションからユーザーをロックアウトする場合は、このオプションを [オン] に設定します。現在のセッションを再開するには、ユーザーが再度パスワードを入力する必要があります。この要件は親ユーザーグループから継承できます。この設定を変更するには、[親から継承] オプションを [オーバーライド] に設定する必要があります。
注: ユーザーがパッシブ認証によって ADFS を介して認証されている場合、ユーザーはロックアウトされるのではなく、ログオフされて現在のセッションが終了します。
Security Desk 設定
ユーザーの Security Desk ワークスペースを構成します。
アクティブなタスクのリスト
ユーザーのアクティブなタスクのリストに含まれるタスクが表示されます。
ホットアクション
このユーザーが Security Desk を使用して Security Center にログインしている間、PC のキーボード・ファンクション・キー (Ctrl+F1 から Ctrl+F12) にマッピングされるホットアクションが表示されます。
リモートコントロールに使用可能
ユーザーが Security Desk の [リモート] タスク、または CCTV キーボードを使用してリモートでコンロトールできる Security Desk ワークステーションのリストが表示されます。ユーザー、ユーザーグループ、または特定のワークステーションに制御を許可するワークステーションを指定できます。
ログオン時にタスクのサイクル処理を開始
次にユーザーが Security Desk からログオンした時点でタスクのサイクル処理を自動的に開始する場合は、このオプションを有効にします。
セキュリティ設定
システム内でユーザーに表示を許可するものを構成します。
アーカイブの閲覧制限
ユーザーが閲覧できるアーカイブ動画を過去 n 日の動画に制限する場合は、このオプションを有効にします。この制限は親ユーザーグループから継承できます。ユーザーに複数の親がある場合、最も厳しい制限が継承されます。ユーザーの親グループがない場合、制限は適用されません。この設定を変更するには、[親から継承] オプションを [オーバーライド] に設定する必要があります。
エンティティ名をスクランブル
(管理ユーザー以外のユーザーのみ) Security DeskConfig Tool で、このユーザーのエンティティ名が表示されるはずのすべての場所でエンティティ GUID を表示する場合は、このオプションを有効にします。このオプションにより、ユーザーが Config Tool でエンティティ名フィールドを更新することも回避できます。
エクスポート/スナップショット時に追加プロパティを含める
エクスポートされる動画またはスナップショットに、調査に役立つメタデータ (カメラ名、作成日、カメラ座標など) をユーザーが組み込めるようにする場合は、このオプションを有効にします。
デフォルトマップ
ユーザーが [マップ] タスクを開くとデフォルトで読み込まれるマップ。定義済みのマップがない場合、Map Manager ロールレベルで構成されているグローバル・デフォルト・マップが使用されます。