LPR マッチャーの手法: 文字数相違 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

LPR マッチャーは、「文字数相違」手法を使用してプレート読み取りの正解率を向上させます。

この手法では、プレート読み取り結果とホットリスト内のプレート番号との文字数の相違を許容します。これにより、プレート内の読み取れない文字 (汚れ、不適切なカメラアングルなど) や、本物の文字として誤って読み取られそうなプレート上の物体 (ネジ、絵など) に対応できます。

LPR マッチャーによる「文字数相違」の処理方法を構成するには、MatcherSettings.xml ファイルを変更します。詳細については、MatcherSettings.xml ファイル を参照してください。

注: MatcherSettings.xml ファイルで次の LPR マッチャー手法を構成することもできます。
次の例では、1 個の OCR 近似文字と 1 個の文字数相違を許容するように構成された LPR マッチャーとともに、ホットリストを使用しています。

1 個の OCR 近似文字とともに 1 個の文字数相違を許容しているため、LPR マッチャーはその両方を調べてから一致を許可します。この結果、次のようになります。
  • ホットリストには 6 文字のプレートしか含まれていないため、プレート読み取り結果「AB123」と「ABC0123」に完全一致の可能性はありません。
  • 1 個の文字数相違を許容しているため、プレート読み取り結果「AB123」と「ABC0123」はどちらもプレート「ABC123」と一致します。一致するプレートより 1 文字多くても少なくても問題ありません。
  • 1 個の文字数相違とともに 1 個の OCR 近似文字を許容しているため、レート読み取り結果「AB123」と「ABC0123」はどちらも「A8C123」、「ABCI23」、「ABC1Z3」と一致します。

ホットリストではなく許可リストを使用すると、この例で一致したどのプレートでもヒットは発生しません (許可ヒットはプレートが許可リストに含まれていない場合に発生します)。