Security Center における KML ファイルのインポート - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

Config Tool の [ゾーン] タブで、Keyhole Markup Language (KML) ファイルをインポートし、Security Center で容易に駐車場を作成できます。

始める前に

マップの KML ファイルを作成します。これは Google Earth を使用して実行できます。

このタスクについて

  • インポートする KML ファイルがサポート対象外または無効な場合、エラーメッセージが表示されます。
  • 更新された KML ファイルを再インポートすることにより、Security Center で KML ロットを更新する場合、重複を避けるためにまず元の KML ロットを削除します。

手順

  1. Config Tool ホームページから、[LPR] > [許可]、[許可制限]、または [超過時間ルール] をクリックします。
  2. 構成する許可、許可制限、または超過時間ルールを選択し、[ゾーン] をクリックします。

    マップが表示されます。

  3. [KML のインポート] () をクリックし、KML ファイルを含むフォルダーに移動します。
  4. KML ファイルを選択し、[開く] をクリックします。
    駐車場はマップ上で青の太枠が付き、塗りつぶされたポリゴンで表示されます。駐車場の名前は中央に記述されます。
  5. マップ中の駐車場を選択します。表示されるダイアログボックスで、駐車場に含まれる [スペース] の数を入力します。
  6. [適用] をクリックします。