駐車ゾーン収容状況の計算方法 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

Sharp カメラが駐車ゾーンに入退場する車両を検出すると、AutoVu™ Free-Flow システムはその駐車ゾーンの収容状況を計算します。この情報は、Security Desk の [モニタリング] タスクのタイルに表示されます。

イベント 車両数
車両の入場

これには、以下の条件に合う車両が含まれます。

  • 正確なナンバープレート読み取り結果
  • 正確に読み取られなかったナンバープレート
  • NOPLATE 読み取り結果
  • 駐車ゾーンからの退場時にキャプチャされず、現在駐車ゾーンに再入場しているナンバープレート
駐車ゾーン収容状況が 1 台増加します。
車両の退場

これには、以下の条件に合う車両が含まれます。

  • 正確なナンバープレート読み取り結果
  • 正確に読み取られなかったナンバープレート
  • NOPLATE 読み取り結果
  • 不明な車両の退場 (退場時の読み取り結果が入場時の読み取り結果と一致しないことを示す)
駐車ゾーン収容状況が 1 台減少します。
インベントリのリセット

[駐車ゾーンインベントリのリセット] アクションを使用して、駐車ゾーンのインベントリをリセットできます。このアクションは、ホットアクションまたはスケジュール済みのタスクのいずれかによってトリガーされます。

駐車ゾーン収容状況がゼロにリセットされます。
注: 最大セッション時間を超過したために駐車セッションが閉じている場合、駐車ゾーンの収容数は変更されません。

プレート読み取り結果の編集による駐車セッションと駐車ゾーン収容状況への影響

  • 入場時のプレート読み取り結果の編集:
    • 有効な駐車セッションを持つ車両の入場時の読み取り結果を編集する場合、駐車セッションは正しいプレート番号で更新されます。この場合、駐車ゾーンの収容数は影響を受けません。システムが Pay-by-Plate Sync 駐車許可を使用する場合、駐車セッションの支払対象時間違反、または猶予期間の状態は Pay-by-Plate Sync で再評価されます。
    • 駐車ゾーンへの入場時に車両のプレートが誤って読み取られた場合、駐車セッションが作成され、駐車ゾーンの収容数が増えます。この場合、車両が駐車ゾーンを離れるか、駐車セッションが最大セッション時間を超える前に、入場時のプレート読み取り結果を編集する必要があります。なぜならこの時点でセッションが閉じられ、プレート読み取り結果を編集しても駐車セッションが更新されないからです。ただし、この状況は収容数に影響しません。駐車ゾーンの出口で車両のナンバープレートが正しく読み取られると、車両に不明な車両というフラグが立ち、駐車ゾーンの収容数が減ります。
    • 入場時の読み取り結果が NOPLATE 読み取りの場合、車両は駐車ゾーンの収容数に含められますが、駐車セッションは作成されません。読み取り結果を編集すると車両の駐車セッションが作成され、許可は車両の入場時刻に基づいて評価されます。
  • 退場時のプレート読み取り結果の編集:
    • 有効な駐車セッションのプレート番号に一致する退場時のプレート読み取り結果を編集する場合、システムはセッションを閉じ、駐車ゾーンの収容数は適宜更新されます。
    • 駐車ゾーンの出口で NOPLATE 読み取りが生成されると、そのゾーンの収容数カウントは減ります。そのイベントが駐車ゾーン内の有効なセッションのプレート番号に一致するプレート番号に編集される場合、駐車セッションは閉じられます。これは、NOPLATE 読み取りが同じ車両であることがわかっているからです。