インポートされたエンティティ名に関する注意事項 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

Security Center は、同じ名前を持つ複数のエンティティをサポートします。カード所有者をインポートしたときに同じ姓と名の組み合わせを持つカード所有者が Security Center にすでに存在した場合は、Security Center で最初に一致するカード所有者のみが (たとえば、インポートされた CSV ファイルに含まれる新しい説明によって) 更新されます。

同じ名前のカード所有者グループが (たとえば、2 つの異なるパーティションで作成され) 2 つ存在し、インポートされたカード所有者がそのいずれかのカード所有者グループに割り当てられる場合、そのカード所有者は最初に見つかったカード所有者グループに割り当てられます。パーティションにも同じロジックが適用されます。

同じカード所有者が 2 回インポートされ、それぞれ別のカード所有者グループに割り当てられた場合、そのカード所有者は両方のカード所有者グループに属します。パーティションにも同じロジックが適用されます。

ただし、カード所有者と認証情報の関連付けは、認証情報がカード所有者キーの一部かどうかによって、異なる方法で処理されます。

カード所有者キーがカード所有者の名と姓だけで構成されているとします。次の CSV ファイルをインポートした結果として、2 つのカード認証情報 (12/555 と 12/556) を持つ新しいカード所有者 (名 = Joe、姓 = Dalton、メール = JDalton@genetec.com) が作成されます。
施設コード カード番号 電子メール
Joe Dalton 12 555 jdalton@acme.com
Joe Dalton 12 556 jdalton@acme.com

しかし、認証情報もカード所有者キーの一部である場合は、同じ CSV ファイルから同じ名、姓、メールアドレスを持つ 2 つの異なるカード所有者が生成されます。