Directory Manager の構成タブ - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

Directory Manager ロールの設定を構成するには、Security Center Config Tool の [システム] タスクで [ロール] ビューを使用します。

Directory Manager - [Directory サーバー] タブ

[Directory サーバー] タブでは、Directory のフェールオーバー負荷分散に割り当てるサーバーを構成できます。
Directory サーバーのリスト (フェールオーバーおよび負荷分散用)
Directory のフェールオーバーと負荷分散に割り当てるサーバーのリスト。これは、Directory フェールオーバーリストと呼ばれています。
他のサーバーのアイコン () とは異なるアイコン () で示されているサーバーが、メインサーバーです。メインサーバーは、Directory データベースに対する書き込み処理を行える唯一の Directory サーバーです。他のサーバーにはデータベースからの読み取り処理のみが許可されます。
詳細 ()
サーバーをゲートウェイまたは障害復旧サーバーとして構成します。
すべてのサーバーのライセンスを変更
Directory ロールをホストするサーバーのリストを変更するたびに、Security Center ライセンスを変更します。

Directory Manager - [データベースフェールオーバー] タブ

[データベースフェールオーバー] タブでは、Directory データベースのフェールオーバーを構成できます。
データベースフェールオーバーを使用
Directory データベースのフェールオーバーを有効にします。
フェールオーバーモード
使用するデータベース・フェールオーバー・モードを選択します。
バックアップと復元
Directory Manager が Directory データベースを保護するために定期的にマスター・データベース・インスタンス (ソースコピー) をバックアップします。フェールオーバーの際は、マスターを引き継ぐバックアップデータベースに最新のバックアップが復元されます。
LED ()
アクティブなデータベースサーバーを示します。
サーバー
データベースインスタンスをホストしている Security Center サーバー。マスター・データベース・インスタンスを管理するサーバーには、(マスター) のフラグが立てられます。
データベースサーバー
データベースサーバー名。すべてのコンピューターからアクセス可能な名前でなければなりません。相対的な名前 (例: (local)\SQLSEXPRESS) を使用することはできません。常に、(local) ではなく明示的なサーバーの DNS 名 (例: TW-WIN7-SC-5) を指定してください。
データベース名
データベースインスタンス名
状態
データベースの状態。問題がある場合は、エラーメッセージが表示されます。
前回のバックアップ/復元時刻
マスターデータベースが前回バックアップされた時刻、またはバックアップデータベースが前回復元された時刻
フォルダー
バックアップファイルのコピー先とする、指定したサーバー上のローカルフォルダー。
マスターデータベースに自動的に再接続
フェールオーバーが完了してオンライン状態に戻った時点で、すべての Directory サーバーをマスターデータベースに再接続させるには、このオプションを選択します。これにより、サービスが短時間中断し、マスターデータベースがオフラインになっている間に行われたシステム構成の変更はすべて失われます。
フルバックアップの生成間隔
フルバックアップを生成する頻度 (日単位) とその時刻を指定します。
差分バックアップの生成間隔
差分バックアップを生成する頻度 (分単位) を指定します。差分バックアップには、前回のバックアップ (フルバックアップまたは差分バックアップ) 以降に行われたデータベーストランザクションのみが含まれます。次のフルバックアップが行われた後、差分バックアップは削除されます。
注: アクティブなデータベースがマスターデータベースでない場合、すべてのバックアップアクティビティは停止します。
ミラーリング
データベースフェールオーバーは Microsoft SQL Server によって処理されるため、Security Center にとってフェールオーバーは透過的に行われます。Directory データベースのプリンシパルインスタンスとミラーインスタンスは常に同期した状態に維持されます。したがって、フェールオーバー中にデータ損失は発生しません。
データベースサーバー
データベースサーバー名。すべてのコンピューターからアクセス可能な名前でなければなりません。相対的な名前 (例: (local)\SQLSEXPRESS) を使用することはできません。常に、(local) ではなく明示的なサーバーの DNS 名 (例: TW-WIN7-SC-5) を指定してください。
データベース名
データベースインスタンス名
SQL AlwaysOn
Windows の SQL AlwaysOn 機能を Directory データベースのフェールオーバーソリューションとして使用している場合は、このオプションを選択します。