LPR Manager での過去の読み込み一致の構成 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

ホットリストが更新されると、システムは LPR Manager データベース内のナンバープレート読み取り結果を検索して、新しいホットリストエントリが過去に読み取られたことがあるかどうかを判別できます。

始める前に

過去の読み取り一致をトリガーするのに使用されるホットリストを作成します。

このタスクについて

  • 過去の読み取り一致は、ホットアクション、スケジュール済みのタスク、またはイベントに対するアクションを使用してトリガーできます。
  • Security Desk ヒットレポートで、過去の読み取り一致を使用して生成されるヒットは [過去の一致] 列に表示されます。
  • システムにパトロール車両が含まれる場合、Genetec Patroller™ で過去の読み込み一致を実行できます。

手順

  1. 管理するホットリストを LPR Manager に関連付けます。
    注: 後のステップで、このリストから過去の読み取り一致を実行する、特定のホットリストを選択します。
    1. Config Tool ホームページから、[システム] > [ロール] をクリックし、構成する LPR Manager をクリックします。
    2. [プロパティ] タブをクリックします。
    3. [ファイルの関連付け] の下で、LPR Manager で管理するホットリストと許可を選択します。
    4. [適用] をクリックします。
  2. LPR Manager ロールで過去の読み取り一致を有効にします。
    1. [プロパティ] タブをクリックします。
    2. [照合] オプションを [オン] にします。
    3. (オプション) Sharpで読み取られたナンバープレートがホットリストまたは許可リストに含まれてない場合に一致なしイベントを生成するには、[一致なしイベントを生成する] オプションを [オン] にします。
  3. [過去の読み取り一致] セクションに LPR Manager ロールに関連付けたすべてのホットリストが表示されます。過去の読み取り一致を有効にするホットリストを選択します。
    注: フェデレーションホットリストは過去の読み取り一致でサポートされないので、リストに表示されません。
  4. [検索復帰時間] フィールドで、過去の読み取り一致が発生する時間間隔を設定します。
    注: 多数または大きなホットリストで過去の読み取り一致を実行し、長い検索復帰時間を使用すると、システムパフォーマンスに影響する場合があります。
  5. [適用] をクリックします。
  6. 次の方法を使用して過去の読み込み一致をトリガーします。
    • 過去の読み込み一致をトリガーアクションを使用するスケジュール済みのタスクを作成します。
    • ホットリストが変更されましたイベントと過去の読み取り一致をトリガーアクションを使用するイベントに対するアクションを作成します。
    • Security Desk で、過去の読み取り一致をトリガーアクションを使用するホットアクションを作成します。