ホットリストおよび許可リストからの無効な文字の除外 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

ホットリストおよび許可を作成または変更する際、選択された言語、およびリストに無効な文字 (英数字以外の文字) が含まれていることを検出した場合の LPR Managercan の動作に基づき、リスト内のナンバープレートに適用される文字セットを指定できます。

このタスクについて

削除または変更された無効なエントリの数に関する詳細な情報を表示するために、フィルタリング処理のログを保存することもできます。

手順

  1. Config Tool ホームページから、[システム] > [ロール] をクリックし、構成する LPR Manager をクリックします。
  2. [プロパティ] タブをクリックします。
  3. [プレートフィルタリング] の下で、[文字セット] ドロップダウンリストから、フィルタリングの対象とする文字のタイプを選択します (ラテン文字、アラビア文字、または日本語)。
  4. [無効なプレート番号] セクションで、次のオプションのいずれかを選択し、LPR Manager が無効なレコードを処理する方法を指定します。
    レコードを変更
    英数字以外の文字をプレート番号から削除します。たとえば、プレート番号「ABC#%3」は「ABC3」に変更されます。
    レコードを削除
    無効な文字を含むエントリ全体をリストから削除します。
  5. フィルタリング処理のログを出力するには、[フィルタリングを記録] オプションを選択します。
    プレートフィルタリングのログは AutoVu™ のルートフォルダー C:\Genetec\AutoVu\RootFolder に保存されます。
  6. [適用] をクリックします。