Security Center 内のコアアプリケーションが使用するポート - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

Security Center を正常に機能させるためには、各種サービス間の適切な通信を許可するファイアウォールルールを作成する必要があります。

重要: システムを強化する前に Security Center をインターネットに公開することはしないでください。システムを公開する前に、システムをインターネットの脅威から保護するために『Security Center 強化ガイド』で説明している高度なセキュリティレベルを実装してください。あるいは、リモート接続には信頼できる VPN を使用してください。

次の表に、Security Center 内のコアアプリケーションが使用するデフォルトのネットワークポートを記載します。ネットワーク図を表示するには、ここをクリックしてください。

アプリケーション インバウンド アウトバウンド ポートの用途
Directory TCP 5500   クライアント接続
クライアントアプリケーション (Security DeskConfig Tool、SDK)   TCP 5500 Genetec™ Server/Directory 通信
  TCP 8012 Map Manager へのマップダウンロード要求 (HTTPS)
クライアントアプリケーション (Config Tool)   TCP 443 Genetec™ Advantage 検証およびフィードバック用の GTAP との通信 (HTTPS)
クライアントアプリケーション (Security DeskConfig Tool)   TCP 443 モバイル認証情報プロバイダーのポータルとのセキュア通信 (HTTPS)
すべてのロール (新規インストール) TCP 5500 TCP 5500 Genetec™ Server/Directory 通信
TCP 4502 TCP 4502 Genetec™ Server 通信 (Security Center 5.3 以前との後方互換性)
TCP 80 TCP 80 REST/Server Admin 通信 (HTTP)
TCP 443 TCP 443 保護された REST/Server Admin 通信 (HTTPS)
すべてのロール (5.3 以前からのアップグレード) TCP 4502 TCP 4502 アップグレード前に 4502 がサーバーポートであった場合、アップグレード後も引き続き 4502 がサーバーポートとして使用され、4503 が後方互換性として使用されます。

アップグレード前に別のポートがサーバーポートとして使用されていた場合、アップグレード後も引き続きそのポートがサーバーポートとして維持されます。その場合、後方互換性には 4502 が使用されるため、4503 は不要です。

TCP 4503 TCP 4503
Intrusion Manager TCP 3001 TCP 3001 Bosch 侵入パネルとの通信
Map Manager TCP 8012   クライアントアプリケーションからのマップダウンロード要求 (HTTPS)
Mobile Server TCP 443   モバイルクライアントとの通信
Genetec™ Update Service (GUS) TCP 4595 TCP 4595 他の GUS サーバーとの通信
TCP 443 TCP 443 Azure および Genetec Inc. との通信 (HTTPS)
System Availability Monitor Agent (SAMA) TCP 4592   Security Center サーバーからの接続
  TCP 443 クラウド内のヘルスサービスへの接続 (HTTPS)