動画アーカイブを復元する - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

動画アーカイブをバックアップしておくと、そのバックアップを Archiver または Auxiliary Archiver に復元できます。

このタスクについて

スケジュールに従って動画アーカイブをバックアップする場合、デフォルトでは、[リソース] タブの [アーカイブ転送] セクションの [バックアップフォルダー] で指定されているフォルダーからバックアップファイルが取得されます。必要に応じて、別のフォルダーから G64x バックアップファイルを選択することもできます。

バックアップファイルは、Security Center システム内の Archiver にのみ復元できます。

バックアップ対象のタイプの動画データのみが復元されます。アーカイブを復元した後は、Security Desk レポートを使用して、そのアーカイブの動画を検索できます。

手順

  1. Config Tool ホームページから、[動画] タスクを開き、[アーカイブ転送] ビューをクリックします。
  2. ウィンドウの下部にある [アーカイブを復元] をクリックします。
  3. [アーカイブを復元] ダイアログボックスで、[復元対象のタイプ] を選択します。次のオプションを使用できます。
    カメラ
    デフォルトのバックアップフォルダーにバックアップされた、登録済みカメラの動画を復元します。[カメラ] を選択する場合は、1 つ以上の復元対象のカメラを指定する必要があります。
    注: このオプションを使用する場合、削除済みのカメラの動画アーカイブを復元できるのは、そのカメラがまだ Archiver で管理されている場合のみです。カメラとそれに関連付けられたすべてのアーカイブが削除されている場合、アーカイブを復元するには [カスタム] オプションを使用する必要があります。
    Archiver
    デフォルトのバックアップフォルダーにバックアップされた、特定の Archiver の動画を復元します。[Archiver] を選択する場合は、1 つ以上の復元対象の Archivers を指定する必要があります。
    カスタム
    特定のバックアップファイルまたはロケーション (フォルダー、USB ストレージデバイスなど) から動画を復元します。[カスタム] を選択する場合は、動画を受信する Archiver と、読み込み元のバックアップファイルまたはロケーションを指定する必要があります。
  4. [対象期間] セクションで、[開始]、[終了]、またはこの両方を選択し、特定の期間にアーカイブを絞り込みます。
  5. [アーカイブを検索] をクリックします。
  6. 復元するアーカイブを選択します。
    ヒント: Ctrl + Shift キーを押しながらクリックすることで、複数のカメラまたは Archiver を選択できます。
  7. 必要に応じて次のオプションを使用し、復元後のアーカイブが自動的に削除されないようにします。
    動画を削除から保護する
    復元後の動画アーカイブに対する保護を有効または無効にします。
    無期限
    終了日なし。手動で保護を解除する必要があります。
    x 日間
    選択した日数の間、動画が保護されます。
    期限
    選択した日付まで、動画が保護されます。

    デフォルトでは、[動画を削除から保護する] が有効にされて、保護期間が 5 日に設定されます。

    要確認: 古い動画シーケンスを復元する場合は、保持期間がすでに経過している可能性があるため、ベストプラクティスとして動画ファイルが削除されないように保護してください。
  8. [復元] をクリックします。