I/O ゾーン設定の構成 - Security Center 5.8

Security Center 管理者ガイド 5.8

series
Security Center 5.8
revised_modified
2019-09-17

Security Center で I/O ゾーンの I/O リンクをモニタリングおよびセットアップするには、ゾーン状態の評価方法、ゾーンに関連付けられた入力に基づいてトリガーされる出力リレー、およびゾーンを監視する時間を決める必要があります。

始める前に

次の操作を実行します。

このタスクについて

このゾーンに対して構成されるすべての入力ポイントおよび出力リレーは同じ Access Manager によって管理される Synergis™ ユニットに属する必要があります。

I/O リンクの構成は I/O ゾーンの [プロパティ] タブから行うことができます。出力リレーをトリガーするためにイベントに対するアクションを作成する必要はありません。

重要: このゾーンに対して構成された入力および出力が同じ Synergis™ ユニットに属さない場合、Access Manager で [ピアツーピアの有効化] オプションを有効にする必要があります。

手順

  1. [エリアビュー] タスクを開きます。
  2. 構成する I/O ゾーンを選択し、[プロパティ] タブをクリックします。
  3. [監視スケジュール] ドロップダウンリストから、ゾーンが監視される定義済みスケジュールを選択します。
    監視スケジュールを定義するためにより多くの定義済みスケジュールを追加するには、[詳細] () をクリックし、[アイテムの追加] () をクリックします。
  4. (オプション) [例外] をクリックし、監視スケジュールの中でゾーンを監視しない期間を定義します。
  5. [入力] リストの下で、[アイテムの追加] () をクリックし、ゾーンの状態を判別するための入力を選択します。
    入力のいずれかがトラブル状態の場合、ゾーンはトラブル状態とみなされます。
  6. [出力] リストの下で、[アイテムの追加] () をクリックし、ゾーンが監視されてアクティブ状態の場合またはゾーンがトラブル状態の場合に、構成済みの出力の挙動を送信する出力リレーを選択します。
    要確認: できる限り、マスターユニット上の出力リレーを使用します。これにより、1 つ以上のスレーブユニットが停止した場合に I/O ゾーンは継続して機能できます。
  7. [出力の挙動] ドロップダウンリストから、出力リレーに送信する出力の挙動を選択します。
  8. ゾーンがトラブル状態のときに出力リレーをトリガーする場合、[ゾーンが監視解除されている場合、トラブル発生時の出力の有効化] を選択します。
  9. [復帰先] ドロップダウンリストから、ゾーンが通常状態に戻ったときに出力リレーに送信する出力の挙動を選択します。
  10. [関連付けられたイベント] セクションで、次のドロップダウンリストから、ゾーン状態が変化したときにトリガーするイベントを選択します。
    これらのイベントはゾーンが監視されている場合にのみトリガーされます。ゾーンの状態を無視する場合は、[なし] を選択します。
    通常
    入力の組み合わせがゼロ (0) になる場合
    アクティブ
    入力の組み合わせが 1 になる場合
    トラブル
    監視対象の入力が少なくとも 1 つ必要です。少なくとも 1 つの入力がトラブル状態になったときに、ゾーンはトラブル状態になります。トラブル状態は他のどの状態よりも優先されます。
  11. ゾーン状態に関連付けられたイベントが再度トリガー可能になるまでに経過する必要があるミリ秒数を [再有効化しきい値] に入力し、[適用] をクリックします。

次のタスク

生成されたイベントが Security Desk[ゾーンアクティビティ] レポートに表示されることを確認して、ゾーンをテストします。